2010年12月14日

仮免というか菅「仮面総理」

仮免というか菅「仮面総理」



まあ、「仮面夫婦」とかだが・・・・・
仮面総理の「仮面内閣」でした。






「仮免許」発言で釈明=菅首相
時事通信 12月13日(月)20時47分配信

 菅直人首相は13日夜、政権運営をめぐり「これまでは仮免許だった」とした自らの発言を野党が批判していることについて、首相官邸で記者団に「これからしっかり菅カラーを打ち出していこうという気持ち(の表れ)だ」と釈明した。 

「これからしっかり菅カラーを打ち出していこうという・・・・・・」

っていうか、十分「菅カラー」出てますけど(-_-;)

で、その「菅カラー」ですけど・・・・・・

法人税の減税とかです↓

雇用・投資拡大の「約束」拒否=法人減税で―経団連会長
2010年12月13日(月)12:03 時事通信

 日本経団連の米倉弘昌会長は13日、2011年度税制改正の焦点である法人税率引き下げに関連して、減税と引き換えに経済界が雇用・国内投資の拡大を約束するべきだとの意見が出ていることについて「資本主義でない考え方を導入されては困る」と述べた。個別企業が将来の雇用・投資規模を確約することは、株主への責任などから無理であり、「約束」を明確に拒否した発言だ。
<以下本文>
ソース:http://news.goo.ne.jp/article/jiji/business/jiji-101213X885.html

「資本主義でない考え方を導入されては困る」

ご尤もです !! (-_-;)

まあ、企業っていうか、会社は資本家のものですから・・・・・・

で、「社会貢献」はできる範囲でです(-_-;)

まっ、法人税、「高いから下げろ」って言ってるわけで、

まあ、もっと儲けたいっていうことです。資本家。当然です。

だから、「法律」があるわけで、それを決めるのがホントはセンセイなんですけど、

まあ、「仮免」っていうか、「仮面総理」ですから(;´Д`)

それにしても、「仮免」で、数百万円のボーナスって、仮免なんですから、

イケマセン(笑)。

仮免というか菅「仮面総理」  


Posted by 昭和24歳  at 19:25Comments(7)

2010年12月14日

随想録、上方情緒「てっぱん」。

随想録NHK「てっぱん」とか・・・・









梅田北、西崎西辺り・・・・・・・

昭和から平成になる頃大阪梅田駅から阪急裏を通り、

ホテルサンルート、能楽堂を抜け、路地を三つ折りした所に一軒のしもた家に営業所を借りていた。

そこはまさに「お父さんはお人好し」の世界であった。

駄菓子屋、オカズ屋、八百屋、魚屋・・・・・・

「おっちゃん、おはよう」

ふっと、振返ると小学生の子どもがなんと「生大阪弁」。

<へ~っ、大阪では子どもも大阪弁喋るんだ>

と、初めての頃は感心したものだった。

それは、関東で聞く「大阪弁」とは一味も二味もその味わいは違っていた。

やはり食い物も味付けは全くといっていいほど違う。

それにしても近くの定食屋の「ケツネうどん」は美味かった!

東京のそれとは全く違う・・・・・ただのお湯に醤油をひとさしした程度の色合い。

聞けば関西独特のものだという・・・・・

僕がスパゲッティが好物だと知る社員が、社員とは言っても二人しかいないのだが、

「社長、ええ店ありますぅ・・・・・行ってみますぅ?」

何故か僕と話す時は関東弁訛りの大阪弁になりながらそう僕を誘う。

その頃、昭和60年代は大阪では所謂「イタメシ系」はあまり大衆的ではなかったようだ。

イタメシはどちらかというと味付けは「コテコテ」でそれまではあまり盛らなかったらしい。

どうやら、テレビで「イタメシ屋」が騒がれ始めてボチボチ東京辺りで覚えたコックが出来合いの食堂を改装して、

「イタメシ屋」を開店していたような頃だった。

それにしても、どうも関東系の食いもん屋で「大阪弁」では食った気がしないのは何故だろうか(笑)。

偏見かも知れないが、オープンカウンターの店などではその言葉のやり取り・・・・・

客と、店の者との境がない・・・・・

馴れ馴れしいとでもいうのか、まさしく、吉本新喜劇のそれ。

「ボケと突っ込み」。

スキあらばボケて見せ、スキあらば突っ込む(笑)。

仕事のことで打合せしていてそれをやられると、関東の人間たまらない・・・・・

「ふざけてるんじゃネェよ!」

なんて言おうもんなら・・・・・・

みんな黙ってしまう。

関東人の言葉は、「キツイ」のだそうだ。

つまり、「間」がない(笑)。

東京都電話したりしていると・・・・・・・

「社長、なに怒ってはりますのん ??? 」

まあ、そんな感じに聞こえてしまうようだ。

で、そのボケと突っ込みが大阪の「間」、というか文化なんだろう ???

聞けば、京都も、神戸もあまりそれはしないという。

どちらかというと、和歌山、奈良方面にそれが顕著と聞く。

そういえば、和歌山のお得意さんなどは最初から最期まで「ボケと突っ込み」だった。

その店までが「ぶらくり横丁」なる横丁にあったのだから笑うしかない(笑)。

因みに、宮崎の人は関東の茨城、栃木訛りにそっくり。

尻上がりのイントネーションで・・・・・

電話などで注文を受けても、なにを言っているのかほとんど分からない。

それもどことなく控えめな話し方・・・・・・

で、今、NHKで朝ドラで「てっぱん」とかだが、どうも大阪弁がクサイ(-_-;)

尾道弁というか、その辺りとの融合が、なぜか「大阪」をつまらなくしている。

それに、富司純子の「大阪弁」もイマイチ、スベスベ感がない・・・・・・

竜雷太のソレはなおさらだ。

しかし、昭和60年代だが、梅田北の西崎あたりはまさにあの「てっぱん」の趣だった。

そういえば、お好み焼き屋、駄菓子屋があの雰囲気の中にあった。

まあ、関東の人間からしてみると、別世界・・・・・・

ちなみに、僕なんぞはその空気の中「異邦人」。

随想録NHK「てっぱん」とか・・・・  


Posted by 昭和24歳  at 08:12Comments(4)

< 2010年12>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ