2009年10月25日

はとバスでYANBA”Ⅳ




とおりすがりの魚伸さんのコメント<はとバスでYANBA”Ⅲ>
いいですね。ジャズイベントとか。まちづくりの方法ならいっぱいありますよね。 代替地に温泉旅館が移転した場合、今の源泉を代替地まで配管して使うので多少、温度の損失はあるでしょうけれども、もとの湯温が高いので問題ないと聞いています。ニュースで国土交通省八ッ場ダム工事事務所の職員が前原大臣に説明している様子が流れていましたけれど源泉は2つあって、1つは水没し、1つは水没しないとのこと。水没する源泉もなんらかの保護をしてそのまま使う計画なんですって。今までよりも標高が高い位置に代替地があるのでダム湖があれば湖畔の宿になります。ダム湖がなければ渓谷を見下ろすような絶景の温泉宿になるでしょう。古い旅館は河川区域に入ってしまって、建物の立て替えができないので今のままの位置には残せません。それゆえに昭和のレトロな雰囲気が残されてきたわけですが、旅館の経営者達は修理もできずにとても苦戦したと聞いています。代替地に行くのがよいのか今の位置で立て替えるのがよいのか。今の建物をみんなに楽しんでもらうのがよいのか私にはわかりませんけど、廃業した旅館が建物を取り壊して歯抜けになったところに新しい旅館を建設して、古い建物も残すという選択肢もありかなと思います。長く苦しんできた温泉旅館経営者に対して、平地に住んで便利な生活をしている私のようなものが意見を言うなんてほんとうに失礼なことだとは思いますが、、、、、。

「源泉は2つあって、1つは水没し、1つは水没しないとのこと。水没する源泉もなんらかの保護をしてそのまま使う計画なんですって。今までよりも標高が高い位置に代替地があるのでダム湖があれば湖畔の宿になります。ダム湖がなければ渓谷を見下ろすような絶景の温泉宿になるでしょう。」

いずれにしても、夢のある計画がいいですね。

今や、“YANBA”は全国区です!!

温泉という貴重な観光資源、そして中止にしろ、続行にしろ、今ならまだ絶景の吾妻渓谷が楽しめる・・・・・
それらの資源を生かして、この際、川原湯温泉に全国のみなさんに来てもらう。観光誘致ですね。

結果、川原湯温泉に人が集まればその周囲の温泉地、リゾート地にも当然人は流れる。
まあ、今度の政権交代で「中止決定」だとか、「いや、続行」だとか、それはまるでそこに生活する住民の意思を蔑にするかのような政治の愚行。
明らかに公共事業にどっぷりつかったコレまでの既得権者の集団とも思えるそれはなんとも腹立たしい限りです。
まっ、この問題は、「中止」、「続行」で下手をすればそのまま数年はかかってしまうかもしれない。それでは完全に住民生活は行き詰まりを見せるのではないだろうか。

例えばこんなアイディアはいかがだろうか・・・・・・

上記のポスター(案)のようなビッグイベントを開催し、全国から参加者を募る。そしてその参加者にそこ、“YANBA”の実態、実情を知って貰う。
はたして、「民主党のマニフェスト」、中止が正しい政策なのか。それとも、「自民党の政策」、続行が正しいのか。そこで投票してもらってもいい・・・・・

まあ、いずれにしても、今のままで、あたかも政治、政権と住民が闘争しているかのような姿勢を見せていることは“YANBA”、そして川原湯温泉の経済にはよろしくない結果しか生まない。
政治、既得権とは別に、住民自らなんらかの再建策を示して、それを強硬に要求していくべきではないだろうか。

このままでは、政治に翻弄され、ただ時の流れを待つしかない、といった無力感。そんな気さえする。
  


Posted by 昭和24歳  at 20:11Comments(1)

2009年10月25日

おやじの“ギター弾き語り”

おやじの“ギター弾き語り”



「おやじの季節」とでもいうんでしょうか・・・・・・
家では昔の彼女もすっかり“ヌシ”になっちゃっておやじは苦悶の日々です(笑)。
そんな「おやじの“ギター弾き語り”」。癒されますね(^-^)

OYAJI be ambitious!!


くみちょうさん<ギター弾き語り教室>

高校時代、親に教えてもらってちょっと弾いていたのを思い出しました。 「禁じられた遊び」「グリーンスリーブス」が好きで、毎日弾いていましたね。 また、時間がつくれたら弾いてみたいなと思います(^-^)


忠やんさん<ギター弾き語り教室>

昭和24歳さん、くみちょうさん、ご覧の皆様こんばんは。 くみちょうさん、父上からギターを教えてもらったとは、素晴らしい思い出ですね。うらやましい。 『禁じられた遊び』『グリーンスリーブス』は良い曲ですよね。 僕は『イエスタディ』とか一生懸命に練習したし、サイモン&ガーファンクルの『ボクサー』のイントロを、マスターした時は歓喜しました。またギターを弾きたいな。そんな気分が湧いてきました。

くみちょうさん、忠やんさん、コメントありがとうございます。

さて、昨日友人のご案内で、高崎中央公民館主催の“山本コータロー”の「トーク&ライブ」に行ってきました。
まあ、観衆は300名ほどでしょうか、ご案内の通り全部、「おやじ&おばさんズ」状態でした(笑)。
コータロー氏のお話は、まっ、「平和とナントカ」っていうものでして、まあ、コータロー氏、昭和23歳でして、僕とは同級。
やっぱり、なかなか戦争は語れないし、そのうえで平和を語る難しさが感じられました・・・・・

「たった2曲で39年生きている山本コータローです!!」

そう言って会場を沸かせながら、“渡鬼”に出演するきっかけとなったエピソードや、そこでの“おやじバンド”のお話とか、
広島平和コンサートの話とか、そしてそのトークの間に間に、懐かしいアメリカンフォーク、♪花はどこへ行った♪や、♪風に吹かれて♪、かぐや姫の♪神田川♪を会場と合唱させながら、それはまるで“うたごえ喫茶”状態。

「たった2曲で39年生きている山本コータローです!!」

を、強調しながら、数曲、他人のヒット曲を「歌います」と言って・・・・・
まあ、〆はもちろん「たった2曲」のソレです。♪走れコータロー♪と♪岬めぐり♪をみんなで合唱でお流れでした。
1時間半があっという間に過ぎ、会場のみなさんそれぞれに青春時代を沸々とされたようで瞬間、少年少女に(^-^)

一緒に行った友人とさっそく、「ハードOFF」へ直行です(笑)。
その友人はかなりのフォークギターの名手です。まあ、アマチュアですけどいろんな交響楽団でビオラを演奏するといった楽士。

「山本コータローの使っていたのと同じギター買うぞっ!!」

とか言って、どうやら年末のボーナスで「ハードOFF」にあった「コレだっ!!」とか言ってました。
まあ、その目はまるで少年でしたね(笑)。

「・・・・・・時間がつくれたら弾いてみたいなと思います(^-^)」

くみちょうさん、ぜひやりましょうよ。時間を作って(^-^)


「サイモン&ガーファンクルの『ボクサー』のイントロを、マスターした時は歓喜しました。またギターを弾きたいな。そんな気分が湧いてきました。」

「『ボクサー』のイントロ」ってすごいですね!!
またギターを弾きましょうよ、忠やんさん。その節はご一緒に・・・・・・

今度、公民館で「フォーク村」をやる予定です。その節はみなさんよろしくお願いします。

  


Posted by 昭和24歳  at 10:17Comments(1)

< 2009年10>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ