2009年10月14日

派遣村村長、国家戦略室へ!!

派遣村村長、国家戦略室へ!!



ラジオで聴いた・・・・・・

「今年はさらにひどい状況なんです」

派遣村村長は「菅直人副総理兼・国戦大臣の『国家戦略室』へ非常勤」のインタビューでそう答え、

「この年末にかけて精いっぱい頑張る」

と・・・・・


国家戦略室 参与に湯浅氏を起用
2009年10月14日 東京新聞朝刊

 政府が国家戦略室のメンバーに、「年越し派遣村」で村長を務めた湯浅誠氏(40)を起用する方向で調整していることが十三日、分かった。

 非常勤国家公務員の政策参与として雇用対策に助言する。菅直人国家戦略担当相が週内に発表する。

 菅氏は十三日の閣僚懇談会で、政府の緊急雇用対策本部の初会合を十六日に開き、二十六日召集予定の臨時国会前に緊急対策をまとめる方針を示した。ハローワークで失業者に住居をあっせんし、生活保護申請も受け付ける「ワンストップサービス」などに、湯浅氏の経験を生かす考えだ。

 湯浅氏は大学院在学中からホームレス支援活動を始め、二〇〇七年から「反貧困ネットワーク」事務局長。昨年末から年明けに東京・日比谷公園に設営された年越し派遣村で中心的な役割を果たした。

 菅氏は戦略室のメンバーに、地球温暖化問題に精通する前東大学長の小宮山宏・三菱総合研究所理事長(64)も起用する方向。鳩山政権が掲げる温室効果ガスの一九九〇年比25%削減の実現に向けて知見を求める考えだ。



前原発言、亀井発言にどういうわけか旧時代のマスメディアは五月蠅いというか右往左往の様だ。
野党に堕ちた自民党は「国会を早く開け」とか、「強行採決はゆるさない」とか・・・・・・・
まあ言っていることは半年前とは真逆だから可笑しい。というか、谷垣禎一総裁以下哀れさの感さえある。

政権交代とは何か!!???

その事の意味を未だ旧政権勢力は実感としてないようだ・・・・・・
この政権交代は「明治維新以来の」という言われ方もするが、本質は違うと思う。
明治維新のソレは、旧政府「徳川幕府」の徹底抗戦派は粛清されたが恭順派は温存された。
その曖昧さが今日の政治の実態でもあったわけだが。

旧政権、つまり55年体制以来の「自民党」に支えられた勢力は、今次の政権交代を予測すらしていなかったのではないか。
確かにこのことで翻弄され、その180度の政策転換でいたたまれない状況に陥る国民、住民もあるだろう・・・・・
しかし、ならば、なぜ、この政権交代が阻止しきれなかったのか、なぜあのような大差で現政権が敗退したのか。
それは、この総選挙のずっと以前から民主党のマニフェスト「公約」ではいわれてきたことではなかったのか。

コレまでの自民党長期政権での土建土木型、公共工事利権ともいえる政策で、その利権に与れる勢力はいいが、
今日わかるように、国民、一般大衆は、いわれる「貧困」に貶められてしまったのが現実ではなかったか。
人口構成が大きく変わり、社会構造も大きく変容しようとしているのに旧態依然の長期政権、自民党政治に国民大衆は不安ながらも決別した。
逆にいえば、政権奪取した民主党がもしここでその自らのマニフェスト、「公約実現」に迷うようなことがあればそれは民主党の終わりを意味し、再び政治は迷走する・・・・・・

子ども手当もそうだろう、高速道路無料化もそうだろう、いわんや八ッ場ダム問題もそうだ。
高校の授業料無料化、後期高齢者医療保健制度の廃止、官僚の天下り完全廃止、次官会議の廃止、官僚答弁の禁止等々。
つまり旧政権の行いは全て廃止される。そのことを受けて・・・・・・
自民党、大島理森幹事長は「なんでも廃止で政策に創造性がない」とか言っているが、民主党のマニフェストには困難だが「創造的政策」が全てではないか。

家計が病んでいる。

それは、子育て世代、とくに就学世代を持つ家族の家計はかつてないほど深刻な状況だという。
父親の失業、あるいは不安定な収入、母親の極めて低額なパート収入。それでも世の中、社会は容赦なく、そこに競争をあおる。
朝食をとれない子ども、給食さえとれない児童生徒、修学旅行さえ・・・・・
ギリギリの生活環境で生きていかなければならない。そんな国民大衆が増加している。益々増えている。
色々と批判がある「子ども手当」だが、扶養控除と配偶者控除の廃止を抱き合わせも批判の対象だが「所得制限のない」ということからすればそれはある程度緩和されるのではないか。
ましてや、母子家庭等々では自民党政策での「母子加算廃止」が「廃止」され復活、「子ども手当」の新制度はまさに光明ではないか。

この、過去20年間の自民党政治はひど過ぎた。とにかくひど過ぎた。
小泉政権発足時は「郵政民営化」をお題目にすれば世の中が良くなるという設定だったが・・・・・
毎年3万人の自殺者を記録、離婚率増加、家庭崩壊、賃金、所得の低下、各種保険税の増税に次ぐ増税さらに地方税増税。
国民大衆、庶民の生活は苦しくなるばかりだった。そこへ、それを象徴したのが、いわゆる派遣切りだった。
麻生政権発足時、アメリカ発の金融危機、リーマンショックも相まってこれまでにない「派遣切」の数。街にあふれる「失業者」。
それらの国民生活の窮状になんら手当てすることなく「美しい日本」だとか、「とてつもない日本」だとかの言葉遊びのスローガンに等々、国民がキレた。それがこの総選挙結果だった・・・・・

結果、自民党衆議院議員の半分以上と、その秘書が、
「派遣村」に・・・・・・・


政権交代ということはそういうことです!!


  


Posted by 昭和24歳  at 18:28Comments(8)

< 2009年10>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 44人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ