2009年07月19日

裁判官が日本を滅ぼす




「日本の司法制度は腐ってる」

米国との比較文化論ではないか。
中村教授も、なにも声をひっくり返して起こることもなかろうに・・・・・

何も腐っているのは“司法制度”だけじゃあない。
大体が裁判官・・・・・
それ自体が“籠の鳥”で世間を全く知らない。
それより何より、司法試験・・・・・
難関の国家試験を“国家”によって験されようやく法衣を着る。

そういえばその裁判官の卵、司法修士生があろうことか裁判所内の女子トイレに忍び込み“盗撮”

捕まえてみたら裁判官だったり、警察官だったり・・・・・

>小学教諭が男子中生を買春 入浴施設で声かける(共同通信)

55歳の小学校教諭が男子中学生を・・・・・だって。
なに考えてるんだか。こんなのは懲戒免職だろうけど、懲戒免職まえに依願退職か(笑)。

中村教授も裁判の仕方、喧嘩の仕方を知らない・・・・・
第一特許権は誰が持ってる?
中村教授か・・・・・?
会社側か?

日本の裁判は資本主義の裁判じゃあない。
社会主義の裁判・・・・・
“長いもの”にことが有利に運ぶよう、法律がそうできている。

大方の公金横領詐欺事件だって事件そのものが忘れ去られたころに判決が出たりする。

先の長野冬季五輪のイカサマ公金横領団、
“NAOC”長野冬季五輪組織委員会の犯罪の一部が今朝の新聞に。

一時が万事こう・・・・・
昨日の橋本派の金庫番、55歳と落選元官房長官のお白洲。
肝心の責任者がいない、派閥の長がいない。
派閥の長はお咎めなしか・・・・・(笑)。

第一、国民大衆は“裁判官”なんて知らないだろう・・・・・
一体どんな暮らしをしているのか、どんなもんを食ってるのか。
裁判官、検察官、弁護士・・・・・
これが元が一緒。

国会議員、官僚、財界・・・・・
これも元は一緒。
国民だけがいつも蚊帳の外。

またツマラン話になってしまった・・・・・

札幌の二条市場。
函館の朝市・・・・・・

青森の市場も穴場だ。
大間のマグロ、冷凍でない揚げたてのマグロの握りが食える。

秋田の市場のハタハタもいい。
いやあ、魚の美味いのなんのって、富山は氷見の朝市。
楽器業界が盛んなころは、忘年会はいつも氷見でやっていた・・・・・

福井の旧国道沿いをのんびり走ると・・・・・
途切れ途切れに漁師町に出くわす。
エビも、越前ガニも浜茹でが食える・・・・・

それにしても仙台の牛タン・・・・・
ほとんどがBSE産だとは。

しかしビン長マグロ・・・・・・
値段は本マグロの4分の1程度。

回転寿司・・・・・

“ビントロ”だなんていって食わせやがる。鮑は、“ロコ貝”。
数の子もイクラも人工のやつ。

この町、高崎の回転寿司第一号は、

“元禄寿司”

昭和45年ころか。
一皿どれでも60円・・・・・・

いまや一兆円産業である。

どういうわけか僕の胃袋は丈夫だ・・・・・
なにせ冷蔵庫もガスもないころの食糧事情の“ガキ”だ。

それに体内アルコール消毒も効いている・・・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 13:39Comments(1)

< 2009年07>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 48人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ