2009年06月08日

わが恩師・・・・・

上毛かるた60年「繁栄の願いを凝縮」

◇「ち」 力あわせる二百万

「養蚕農家は家族でカイコの世話をした。
子どもも労働力だから、兄弟が5、6人いるのが普通だった」


 高崎市出身で、群馬の歴史を研究している石原征明・前橋国際大学名誉教授(75)は、農業県から工業県へスムーズに移行できたことが、他県への人口流出を食い止めたと言う。製糸業が頭打ちになった昭和30年代、県は企業誘致を急ぐ一方で、既存の中小企業の設備投資を支援した。道路網が整備されると、工業団地が次々と建設され、広大な北関東工業地帯が形成された。



昭和30年代にベストセラーとなったスクーター「ラビット」を懐かしむ石原教授。
後ろはスバル360(20日、高崎市の県立歴史博物館で)

(2007年12月24日 読売新聞より抜粋引用)


石原先生・・・・・・

昭和39年、高崎市立第二中学校、3年1組の時の担任でした。
まあ、すでに、ポール・アンカ、ニール・セダカとか、コニー・フランシスのアメグラに夢中になっていた・・・・・
できの悪い、勉強はサッパリの劣等生だった僕にはなぜか優しかった先生。

たしか、スラット背は高く、甘いマスクでテニス部の顧問でした。まあ、昭和39年ですからちょうど30歳くらいです。
まさにその趣は「テニスのプリンス」と言った感じでした・・・・・・
まあ、こう言っちゃあなんですが、他の先生たち、いわゆるまだ戦後20年とはいうものの、
どことなく軍隊の影をひそめた、猛者といった趣の先生が多いなか、大声を出すこともない物静な石原先生でした。

あれから40年だったでしょうか、昭和39年度卒高崎二中の同窓会があり石原先生も参加されました。
趣は昔と少しも変わらず、やはり物静かに、ニコっとして「元気そうだね」と・・・・・・

「先生の本読みました。図書館でですけど」

っていったら、やはり物静かに微笑みを湛えながら、

「へ~っ」

と、あの頃のままので、感心するように・・・・・・

とにかく、できの悪い生徒でしたから、まさか「あのとき」の「オマエがオレの本を?」みたいな、
そんな感じで僕を見つめて「フフッ」とお笑いになるのでした。

まあ、なにせたしか、ひとクラス45人ほどで10クラスでしたから、そりゃあ、生徒も先生も玉石混合です(笑)。
でも不思議と僕らの年代からは不良というか、ヤクザというかそういうやつはいませんでしたね。
約一人、二人・・・・・(笑)。

まあ、その後の「エレキ小僧」が僕です・・・・・・
髪の毛、ロングヘアーで、♪テケテケテケーーー♪でしたから、

「エレキ=不良」

そんな時代でしたから、高崎二中卒では珍しい一人だったようです。
まあ、他の中学も、一緒にバンドを組んでいたのが隣、三中卒の二級先輩でしたから、
つまり、「どうしょうもない」連中だったことは確かなようです(笑)。

「へぇ~、音楽やってるんだって?」

「エレキ作ってます。音楽は挫折しました」

って言うと、

「すごいじゃあないか、エレキ作ってるなんて」

「先生に初めてホメテもらえました・・・・・・56にして」


って言ったら、やっぱり、あの頃のままのもの静かさで、ニコッ・・・・・・

そんな石原先生、

記念講演会「高崎五万石騒動を考える)」
(電話申し込み先着順定員50名)

日時:平成21年6月14日(日)10時~正午
講師:前橋国際大学名誉教授 石原征明氏
会場:高崎市歴史民俗資料館
    参加費無料


もしまだ間に合うなら、必ず先生の授業を受けに行こうかと思っています。

  


Posted by 昭和24歳  at 19:16Comments(1)

2009年06月08日

ぼくはやるゾ!!



って言うことで・・・・・・
かけもち大臣、ぼくはやる!!
で頑張ってる与謝野馨です!!(次の本命総裁総理候補) 



で、あとのない自民党です!!
   「携帯カメラで写そう!教師たちの違法な政治活動」  

まあ、いくら日本共産党が政権交代を阻止しようと持っても・・・・・・
「とりあえず」みたいな感じで、今度ばかりは政権交代はするでしょう。

で、今度は自民党が野党で、徹底的に民主党のどうしょうもないのを炙りだして、
で、即解散総選挙で、お得意の「ガラガラポン」でしょうか(笑)。


つまり、 こういう、ホンワカな人々の政治では国民エライということです。

つまりこういうことです・・・・・




まあ、毎晩高級ホテルの高級バーで高級なお酒をお楽しみで、
街頭演説では、

「日本でスーパースターは天皇陛下だけです」

って言ってみたりの皇族総理ですから、
そりゃあ、庶民の生活なんて想像すらできません。
まあ、取り巻きのセンセイにしたって下々なんでしょうから・・・・・・
精々が、

「わが国民も結構いい暮らししているんじゃあないの?」

くらいにしか思っていません。

まあ、ためしに、麻生総理に共稼ぎで月収30万円くらいの生活、
一週間ほど体験していただいたらどうでしょうか!!???

もちろん、家のローンとか、家賃の場合も、車のローンとか、中古車の場合も・・・・・・
でお父さんのお小遣いは月に3万円とか4万円円とかです(笑)。


もちろん、鮨屋は回転寿司で、高級ホテルの高級バーじゃあなくて、その辺のスナックです。
高級料亭じゃあなくて、北海亭とか、高級中華料理じゃあなくてバーミヤンとか。
食品も、青山の紀伊国屋とかじゃあなくて、ヤオコーとかベルクのタイムサービス・・・・・
当然カップラーメンは400円じゃあなくて安売りで98円の“カップスター”とか。

まあ、麻生さんと言わず、永田村のセンセイ方みなさんに、

「7泊8日の庶民生活体験ツアー」

でもやっていただきましょう。

まあ、「体験、派遣村ツアー」もいいでしょう!!


まあこれからのセンセイにはぜひ、センセイになる条件として、
「庶民生活体験研修」を、優秀な成績で履修しないいと、センセイ落第失格です!!


だいいち、年間5000万円も定額給付されて・・・・・・
「勉強します」じゃあ、国民たまりませんから、同じ勉強なら実地試験です!!
  


Posted by 昭和24歳  at 17:32Comments(0)

2009年06月08日

戦争します!!

戦争します!! 



ジャッジャ~~~ン!!
36歳のころの“オレ様”、麻生首相です・・・・・
モントリオールオリンピッククレー射撃(クレー・スキート競技)日本代表(41位)。
まあ、41人中、41位だったんだか、100人中41位だたんだか、大したことないですね。
いずれにしても、1976年で“クレー射撃”ですから浮世離れしてます。



「対北、戦うべき時は覚悟を」…麻生首相が演説
6月7日19時31分配信 読売新聞

麻生首相は7日、東京都議選(7月12日)の立候補予定者の応援で訪れた武蔵野市のJR吉祥寺駅前で街頭演説し、弾道ミサイルの発射準備を進める北朝鮮に関し、「戦うべき時は戦わねばならない。その覚悟を持たなければ、国の安全なんて守れるはずがない」と述べ、制裁強化などで圧力を強める姿勢を強調した。


勘弁してくださいよ!!
なんで北朝鮮と戦争なんですか!!???


北朝鮮、多く見積もってもGNI“256億ドル”、つまり2兆5600億円の国と、
GNI、約500兆円の日本が戦争しなければならないんですか、麻生さん!!???

バカを言わんで下さいな、ホントの話!!
いくら米国のポチだからと言って、傀儡政権だからと言って、
国防予算(防衛費)だけでも約“5兆円”とかの日本が・・・・・・・
つまり、ミリタリーバランス(軍事費)5兆円のニッポン国と1900億円の北朝鮮とがどうして戦争を!!???

で、戦う覚悟とかですけど・・・・・・

それって、麻生さん、アンタの覚悟ですか!!???

違うんですか!!???

国民にも覚悟しろってですかぁ!!???

冗談じゃあないです!!

国民そんな馬鹿じゃあありません!!!
何のためにそのGNIだって、アメリカに次ぐ世界第二の経済大国なんですか・・・・・・
そんなマンガみたいなことを言わんで下さい!!

もしそれがホントの話なら・・・・・・
そんな北朝鮮、とっとと潰しちゃってくださいよ。
世界一の軍事基地だって国民負担であるじゃあないですか!!???

アメリカの軍事基地コストまで、さらに諸々の日米押し売り戦略コストまで入れたら、
日本の実質軍事費は10兆円、20兆円とかのハシタガネの話じゃあありません。
ベトナム戦争以降、ナンダカンダと、一体日本国民は、中東戦争だとか、イラク戦争だとか・・・・・・
どれだけ日米安保でご奉仕させられてるんですか???

挙句が、「覚悟しろ」ですってぇ!!???

その覚悟って、戦争のための増税ですか!!???
それとも、鉄砲玉になっれって言うことですか?????
北朝鮮のミサイル、最悪、核ミサイルの標的に、国民さらされるかも!!!?????


ってぇ言うことですか・・・・・・

で、これで、覚悟ですか・・・・・・???

その麻生セメントの社長は麻生太郎氏からその実弟の泰氏へ引き継がれている。その麻生セメントは2004年から社名を麻生ラファージュセメント㈱に変更した。ラファージュの資本傘下の結果である。その一方で、日本の開発した「フッ素樹脂処理による埃の立たないセメント」の製造販売権を、ラファージュセメント社がライセンス契約を締結している。そのラファージュセメント社は世界最大のセメント製造グループであるラファージュグループの中核企業である。

 そのラファージュは、エジプトのオラスコムを経由して北朝鮮を代表する祥原セメントを傘下に収めている。祥原セメントはその稼働すら疑われている「企業」である。それでも傘下に収めたのは、北朝鮮の石灰石と骨材資源に着目したからであろう。その結果、ラファージュは北朝鮮を経由して支那東北地方からロシア極東地方の建設事業への参画を期した、と見られている。

拉致問題の解決に、ラファージュに代表される国際資本が無関心でいるとは思われない。彼らは帝国の北進政策が富を生み出しだことを知っている。だが、欧米資本だけでは北進政策は実行できない、故に日本資本との提携を図っているのである。


虚々実々でしょうが、火のない所に煙は立ちません(笑)。
どうも最近の政治家は右も左もインチキ臭くていけませんです・・・・・・


ところで、覚悟しなければいけないのは、麻生さん・・・・・・
麻生さんの方じゃあないんでしょうか。
選挙がヤバいからって、あんまり粉かけないでくださいなぁ!!!(笑)。 
  


Posted by 昭和24歳  at 07:46Comments(0)

< 2009年06>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ