2009年01月19日

外務省“国連拠出金8億円が放置”

外務省“国連拠出金8億円が放置”




伏魔殿のすべてを知る「汚れ役」が25年間の実体験を総告白!

逮捕官僚の慟哭……国民の皆さまごめんなさい!!
自らも溺れた“甘き蜜”の病巣はいまだ取り除かれていない。


一連の事件で、外務省は国民からの信用を失墜させた。私もその主犯の1人である以上、声高に外務省を批判したり、あるべき論を述べたりすることなどできる立場にないのかもしれない。ただし、省内のカネにまつわる仕事を長く受け持ってきただけにこの部分の実態や矛盾については、誰よりも熟知している。公務員の世界から離れて、かつての職場を振り返ってみると、外務省にはまだまだ改めなければならない点があるのも事実なのである。

――<「エピローグ」より>


国連拠出金8億円が放置、10基金の残余分2~8年…外務省
1月19日15時7分配信 読売新聞 <引用>

外務省が途上国支援などのため国連に拠出している基金のうち、既に閉鎖されたり、活動を停止したりした10基金の残余金計約8億1600万円が、2~8年間にわたり放置されていたことが分かった。

 国連側から返還通知を受けたにもかかわらず受け取り手続きを怠るなど、同省のずさんな対応が原因で、事務態勢の在り方が問われそうだ。

 外務省が衆院外務委員会に提出した資料などで明らかになった。拠出金の問題は昨年11月、会計検査院の指摘で約3億9750万円分が表面化。同省がさらに全体の調査を進めた結果、会計検査院の指摘を上回る額が判明した。

 このうち、東ティモールの選挙監視団支援のために資金拠出した「東ティモールの平和的解決のための信託基金」の活動は、少なくとも2002年に停止されているが、残余金4億1200万円がそのままになっていた。同基金が停止された事実も、08年まで把握していなかったという。

 カンボジア人道支援のための「カンボジア信託基金」は00年以降活動が停止しているが、08年7月に国連から照会を受けるまで残余金約6390万円を放置。ニカラグア武装勢力の帰還や定住促進に向けた「国際支援検証委員会活動のための信託基金」も、05年4月に国連事務局から返還小切手(約97万円)を受け取るよう通知されたが、3年以上もそのままにしていた。

 外務省では「内部のチェック態勢が不十分だった」としている。同省は昨年12月末までに、残余金の大半について、返還手続きをとったり、他の国連基金へ回したりし、残りの対応も急いでいる。

しかし、どこが財政難なんだろうニッポン!!???(笑)。

まあ、外務省と言えば機密費で競馬馬買ったり、彼女をかこったり・・・・・
凄腕のロジ担“ノンキャリ”の松尾ナントカントカ支援室長のわかっただけでも“5400万円”」を懐に!!

こんなニュース、忘れちゃいましたよね・・・・・
そしたら、その最中に、沖縄サミットでの「ハイヤー代水増し事件」で外務省職員とタクシー会社の役員が逮捕。

まあ、やることがエゲツナイというか、セコイというか汚いというか・・・・・
小泉内閣の時の“タウンミーティング”でも会場代の水増し、アルバイトの水増し、挙句、やっぱし使ってもいないタクシー代の請求、水増し請求。

つまり、そういった取引業者に“架空請求書”を作らせる、まあ手法としては伝統的お役人芸・・・・・
これがバッチリ決められるやつが有能な職員、公務員だとして、高級官僚から重宝がられ、出世する。
まあ、松尾支援室長は自分でも5400万円なんだから、その線でいえばその上にはいったいいくら献上しているのかわかったものではない。

で、「国連拠出金8億円が放置」なんだけど、こんなのは可愛い方で・・・・・
巨悪は“ODA”なんじゃあないの!!???

「開発途上国開発援助」とかなんとか言っちゃって、今回も“西松建設”がやられちゃってるけど、
そのほとんどが、「ヒモ付き開発援助」で、その「援助交際」に紹介手数料を取る、仲立ちの政治家、行政の官僚。
内乱、紛争のアフリカでダム作ったり、道路作ったりとかいう話だけで“ODA”・・・・・
まあ、日本の場合は武器を輸出するわけにはいかないからそういうことなんだろうけど。
あのイラクでは“フセイン大統領”存命中のODA、1兆円が政権が変わったっていうだけで「なかった話」(笑)。

さらにあのブッシュ親子の戦争で〆て“13兆円”の奉加帳・・・・・

ところで、今日の参議院予算委員会で、風前の灯火の“麻生首相”、

「中福祉中負担だというから消費税増税をお願いしているんです!!」
とか言ってます。

まあ、大企業10数社の内部留保30兆円、海外の在邦資産(国内に持ち込めば課税される分)が200兆円強・・・・・・
国内宗教法人の非課税金融資産数百兆円、まあ、個人金融資産が1400兆円とかなんだから、

「あるところにはある!!」

そんなのが近年の自公の政治力で非課税、減税・・・・・・
大衆の所得には増税に次ぐ増税で、

社会保障、「そんなに言うんなら消費税増税だぞ!!」(笑)。

で、下々にはひとりづつ“12000円”でどうだ、サモシイやつら目!!


まあ、ここいらで政権交代をして、
“ニッポン総棚卸”ですね!!


ところで、高崎市も棚卸しないといけないなあ・・・・・・
ねえ、松浦さん!!???
  


Posted by 昭和24歳  at 20:10Comments(0)

2009年01月19日

1年間職なく所持金90円、餓死か 

<元派遣社員死亡>1年間職なく所持金90円、餓死か 大阪
1月16日12時37分配信 毎日新聞


大阪市住吉区苅田のワンルームマンションの一室で14日、住人の無職男性(49)が死亡しているのが見つかり、餓死した可能性が高いことがわかった。
男性は元派遣社員で、約1年前から無職だった。府警住吉署によると、発見時、室内にあった所持金は財布の中の90円だけ。冷蔵庫には何も入っていなかった。

マンションの管理会社や関係者によると、男性は05年5月、この部屋に入居。神戸市の会社と契約し、銀行でコンピューター関係の仕事をしていた。
年収は約450万円と申告し、月3万9000円の家賃の滞納もなかった。

しかし、約1年前に無職となり、昨年1月から5カ月分の家賃を滞納。管理会社が督促すると、徳島県の実家から援助を受けて支払った。
男性は管理会社に「長い間、病気で仕事ができない」と漏らしていた。

昨年11月から家賃が再び滞り、管理会社が今年に入って男性宅を訪ねるなどしたが、応答がなかった。14日に社員が室内に入って遺体を発見、同署に通報した。

行政解剖の結果、男性は死後約1カ月。胃腸に残留物はなく、低栄養状態だったことなどから、餓死した可能性が高いという。

発見時、男性はパイプベッドに横たわり、毛布をかぶった状態だった。室内には飲食物のゴミなどはなく、冷蔵庫には飲み物すらなかった。
【村松洋、井上卓也、青木絵美】 



毎日のように「鉄道での人身事故」の報・・・・・・

自殺だ!!

年間3万人が20年もつづいている。なんと“60万人”・・・・・・
20年間で高崎、前橋の人口が消えた勘定になる。

理由は様々だろう。

リストラ、家庭不和、借金苦、等々であると思われる。

「なにも死ななくても・・・・・」と思うが、

その多くが中高年だという。
家庭があり、家族がいる。もちろん子どもも・・・・・

かつてこの国の政府は300万余の国民を死に追いやった。
国民を見殺しというか、「死ね」とさえ言った・・・・・・

つまり官僚国家の犯罪。

そしてだれ一人として自ら責任をとるものはいない。

「一億総懺悔」とさえ言った。

そして「天皇陛下にお詫びのしようもない」と・・・・・・

そして、今日、国の借金“800兆円”とか、
そして、国地方を合わせたら1200兆円とも、いや、1400兆円とも。

で、財政なんだという。
財政健全化、財政均衡とかで、社会保障への歳出削減と消費税増税とか・・・・・・

年金会計も無茶苦茶だ!!
厚生官僚、財務官僚はこれまで何をやってきたのだ!!???

つまり行政の失態と、それを監視する政治の盲動。

法律を作り、それを執行して今日のその結末にだれ一人として責任をとる者がいない。
それどころか、“増税”だという・・・・・・

アメリカと戦争をし、そして敗戦、すべてを失った。
経済力も、工業力も数10倍の差がありながら、武士道とか、大和魂とかで・・・・・
神の国だからとかで開戦。

ところが、武士の末裔は後ろで掛け声ばかり・・・・・・・
実際に「戦ったのは」、ほとんどが平民、農民だった。

“人間魚雷”とか“神風特攻隊”とか・・・・・・

多くの若者を「生きて虜囚の辱を受けず」とかで自殺行為に走らせ命を奪っておきながら、
最高責任者は「生きて虜囚の辱を受け」・・・・・・
あげく、囚われの身で敵国、戦勝国の軍事裁判の辱め。

つまり、何ごとにおいてもこの国のアドミニストレーターは過ちを認めず、平然とその失敗、失態を繰り返す。

実は、それが本当の話だとすると・・・・・・
とてもじゃあないが、国民が生涯、飲まず食わずでやっても「返済」できる借金ではない。
しかし、それでもそうだというのなら、責任者は責任をとり、
その借金が、どこにどのようにして使われたのか・・・・・・
そして、そこで財政を言いながら反省をするどころかさらに天文学的数字の公共事業を行政しようとしている。

消費税5%で11兆円弱の歳入・・・・・

実は、最初の消費税制導入時も財政、主には「社会保障費に」というふれ込みであったが実際は、
法人税減税、高額所得者減税でその穴埋めが3%から5%への増税・・・・・
いま麻生政権のいう3年後の消費税増税もその特権階級減税がセットにされている。
「国際競争力」をつけるためとか、カネ持ちを国外へ逃避させないためにとかの減税と。

ところで、誰に返すのかその借金・・・・・・

その借金の原資は、年金だったり、郵貯簡保、生保損保だったり。
つまり国民の預貯金だったり、掛け金だったり・・・・・

ならば、それを“借金”とせず“税金”にしてしまえばすむ話ではないか。
で、その税金で築いてきた、国の資産は膨大なものがある・・・・・

オリックスが、簡保の宿とかだが、
国民の財産をバッタ売りすることは許されることではない!!

<元派遣社員死亡>1年間職なく所持金90円、餓死か 大阪
その元派遣社員が死ななければならなかった理由はそこにある・・・・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 10:27Comments(0)

< 2009年01>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ