2009年01月05日

“安心”と“活力”

“安心”と“活力”



“ケチ”つけるわけじゃあないけど「安心」の“安”、ウ冠じゃあないんですけど、麻生さん!!???


「安心して暮らせる日本。活力ある日本。この思いを年初め字に込めたいと存じます。」

「安心、活力」であります。


年頭にあたって、私は新しい国造りに向けた決意を新たにしております。
私が目指す目標は変わりません。強い決意を持ってこの難局に立ち向かい、国民のみなさまに応えたい、期待に応えたいと思っております。
国民の皆さんの生活を守るためにやり抜く覚悟です。


「悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである」。

好きな言葉であり、ある哲学者の言葉です。未来は私たちが創(つく)るもの。
我々が創る。未来は明るい。そう信じて行動を起こす。そうした意志こそが未来を切り開く、大きな力になるのだと思っております。
国民の皆様のために明るい日本をつくりたい。そう強く考えております。以上です。



「・・・・・国民のみなさまに応えたい、期待に応えたいと思っております。」

と、麻生首相は言うが・・・・・・
しかし、国民は首相就任未だ3カ月余りだが、麻生さん、国民はあなたに何を期待しろというのか!!???

「国民の皆さんの生活を守るためにやり抜く覚悟です。」

ところで、「何をやりぬくの?」

しかし、けしてあなたのせいではない。あなたこそ貧乏くじを引いてしまった、実はとっても哀れな首相・・・・・
小泉、安倍、福田と、いわゆる“清和会”政治、つまり戦犯容疑者派閥でなされた政策の後始末をやらされているわけだが、
とてもじゃあないが、元々が弱小派閥、消去法で祀り上げられた総裁総理(笑)。
まあ、その「国民生活」なんだけど守るどころかどんどん壊されていく・・・・・・

でっ、

「好きな言葉であり、ある哲学者の言葉です。」

なんだけど・・・・・
別に、好きな言葉はいいんだけど、「ある哲学者」って誰なんだ・・・・・
官僚の下書き、その哲学者の名前は書かなかったのか?(笑)。

ネットで検索したら、

「悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである」。

は、フランスの哲学者アラン(ペンネーム)の「幸福論」からの一節だとか・・・・・
そしたら、大分前に全く同じその、「悲観主義は気分によるものであり・・・・」云々の言葉は小泉元首相のメルマガでも引用されていたとか・・・・・

それにしても、麻生太郎首相、国民が“悲観主義”に陥っているとでもいうのだろうか(笑)。
この国の国民はその意味では至って“楽観主義者”だろう・・・・・
これだけヒドイ政治でも、大した騒ぎもせず日々生活している。政治なんて全く当てにしないで。
もっともそうした“楽観主義”が政治をここまでダメにしてしまったのかも知れないが・・・・・

まさに、国民の意思での“楽観主義”で政治家も官僚もやりたい放題の出鱈目がとおってきた。
まあ、「日本の官僚は優秀」というにはほど遠い現下の経済、社会環境・・・・・
それでも、「日本の官僚が優秀」だというなら、それなら、そいつらは極めて優秀な、ズルイ詐欺師だ(笑)。

年金の崩壊、「消えた年金」というか、はなから今日、将来を想定していなかった政策。
そしてことごとく、公団、特殊法人の破綻・・・・・
どれもこれも東大法科卒の“高級官僚”の仕業ではなかったか。

つまり、この国の国民が“楽観主義”でなければ、とっくに暴動か何かが起きている。
まあ、残念ながら、一つ言えるとすれば、この国の国民の“楽観主義”は・・・・・
麻生太郎首相風にいえば、その「気分による悲観主義」と同じ、

「意思なき楽観主義」で、つまり「気分による楽観主義」。
そして・・・・・・


「今年は今上陛下即位20年、ご成婚50周年、金婚式、誠におめでたい年であって、
国民をあげてお祝いを申し上げたいと存じます。」


と、麻生太郎首相の年頭の言葉なんだが、それこそ・・・・・・

「国民をあげてお祝いを申し上げたいと存じます。」

どころの騒ぎじゃあないだろう。
まあ、麻生太郎首相は、その“お身内”だから、目出度いのは構わないが、年頭の挨拶の冒頭にそれだ!!

まっ、それにしても“小泉メルマガ”と同じセリフとは笑える。
つまり、この程度の、なるべきではない、なってはいけない人が、ただ元首相の子だとか、孫だとかという理由だけで“ソレ”になっちまう・・・・・

そういえば、今の代議士の中で元首相の“子”か“孫”といえば、鳩山兄弟、田中真紀子、平沼赳夫だろうか。
あとはいるにしても、岸元首相のところの養子になった安倍の弟とか、タマタマ総理の鈴木善幸の倅(麻生の義兄)とか大平とか三木の娘婿とか、
中曽根は参議院だし、佐藤栄作の倅は引退しちゃったし、小渕優子はまだまだだし、宮沢喜一の甥っ子じゃあ・・・・・

そんなわけで、麻生さん!!国民は至って・・・・・

“楽観主義者”です!!

気分次第ですけど!!ご安心ください!!!


  


Posted by 昭和24歳  at 19:49Comments(0)

2009年01月05日

永田寿康・元民主党衆院議員(39)が自殺!!

永田寿康・元民主党衆院議員(39)が自殺!!

永田寿康元議員が自殺 遺書も見つかる・・・・・





偽メール問題で平成18年に議員辞職した永田寿康・元民主党衆院議員(39)が3日午後6時半ごろ、北九州市八幡西区の11階建てマンションの駐車場で倒れているのを住民が見つけた。
病院搬送されたが、まもなく死亡が確認された。八幡西署は飛び降り自殺を図ったとみて詳しい経緯を調べている。


1月3日22時23分配信 産経新聞



いわゆる、「ホリエモン偽メール事件」、小泉内閣の時代だ。

まあ、すでに多くの国民は忘れ去っている奇怪な“政治事件”なんだけど。
あの時代・・・・・とはいってもつい2年ほど前の出来事・・・・・
とにかく早い!人の心の移ろいがとにかく早い、早すぎる!!

そういえば、「高崎競馬買収!!」とかで、ホリエモン、高崎競馬場に来ていたりした(笑)。
落っこちたけど、選挙に出たり。まあ、あの刺客騒ぎのコイズミ選挙にも、相当金を使ったんだろうけどホリエモン・・・・・
とうとう公認されなかった。





そして証取法違反で逮捕、起訴、拘留で一審では懲役2年6か月の判決、控訴、高裁も同判決、抗告とか。
そのあともその関係では村上ナントカも、西武の堤義明もお縄をちょうだいしている・・・・・

まあ、リーマンショックじゃあないけれど、
その意味では“ホリエモン”も“村上ナントカ”も臭い飯を食うことになはるんだろうけど、
つまり“焼け太り”で、2年や3年のブタ箱をしのげば“数百億円”の資産家。
まっ、乗せられて、トラの子しこたま持っていかれた個人投資家・・・・・知り合いにもいるけど・・・・・

「誰かが得してだれかが損する」

まるで、今の金融恐慌を暗示しているような日本での騒ぎだった(笑)。
つうことは、今度の“米国発”とかの金融恐慌、“大不況”にしたって、どこかで大笑いしている奴がいるんだから、
いやんなっちゃうよ、全く・・・・・・

しかしだ、あの“派遣村”とか、くどいが、派遣業者が全く姿を現さない(笑)。

そりゃあそうだろう、法律でそういう仕組みを作っておいて、おそらく結構な数の国会議員とかがその“業者”だ。
だもの、『蟹工船』がどうしたこうしたとか、日本共産党への入党が?万人とか・・・・・

自民党も民主党も、恐らくそんなピンハネ派遣業者と、少なくとも献金やらなんやら関わってるから、
派遣業者は叩けない・・・・・叩けば自分に火の粉が降りかかってくる(笑)。


それにしても、福祉の公明党・・・・・・

そしてその支持母体の創価学会も宗教法人施設の“ナントカ会館”がそこいら中にあるてえのに、沙汰無しだね。
秋の選挙じゃあ天敵、日本共産党にやられちゃうかも(笑)。

しかしだ、“派遣ギリ”なんだけど、そんなに雇用が安定するならそもそも、“派遣”なんかじゃあないんだし、
“派遣”っていうのは「スキルアップ」とかいって常に上を目指すタイプの労働形態なんだろうし・・・・・
さらにいえば、「自分の都合」で辞めたい時はいつでもやめられるんだし、
「より良い時給、給料」のところがあれば「そっちへ行く」っていう働き方なんだし、
“契約”があるっていうことは承知の上だったんじゃあない?
だから、文句言うなら、その“契約”の本体に文句を言うべきだろうし、「生活保護申請」とか言ってるけど・・・・・

さんざっぱら“ピンハネ”しつくした、そんな派遣業者へのペナルティは全くないのか!!???

しかしだ、みんな普通の国民は、ましてや若い20代、30代世代は200万円、300万円の収入で、
夫婦なら共稼ぎで400万、500万円にして子どもを保育園、幼稚園に預けながら住宅ローン、車のローン、
そんな中、必死で生活している。
僕の娘夫婦がまさにそんな20代だ・・・・・・


あえて批判を覚悟でいえば、「自分のまいた種」。
メディアは自分のところでもほとんどが派遣で成り立っているためその派遣業者は告発せず・・・・・・
「お涙頂戴」の映像を垂れ流している。

実は、不思議でならないんだが、彼らには親はいないのか、家族はいないのか・・・・・・
もし僕の息子がそうだったとしたら、「高崎へ帰って来い!!」、そして「高崎で仕事を探せ!!」っていう。
どこでもいいじゃあないか、コンビニでも、どこでアルバイトをしたって・・・・・


「お上の世話なんかになるな、ひと様の世話なんかになるな!!」

今も、朝日テレビでそんな「悲惨な派遣村」を報道している・・・・・・
あまりにも馬鹿馬鹿しい!!


求人情報誌には求人情報が溢れているだろう!!
生活保護申請なんかじゃあなく、その派遣村の村長とかが保証人になって、仕事に就かせることだ。
今彼らに必要なのは“生活保護”を受けさせることじゃあない!!


永田寿康さん“合掌”!!
  


Posted by 昭和24歳  at 11:53Comments(0)

< 2009年01>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 44人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ