2008年10月31日

究極の“少子化対策”は、これだ!!

究極の“少子化対策”は、これだ!!

井上工業も逝っちゃったし・・・・・
そのあおりを受けてというか、とくに建設関係が厳しそう。

大きい所逝くと、下請けそっくり逝っちゃう・・・・・
だって、1600億円の倒産だと一億円の取引き先が、1600社、1社10人の従業員でも1万6千人が「首」。

麻生さんどうなんでしょ!!???

ある本に書いてあった受け売りだけど・・・・・

赤ちゃん一人産んだら、“1千万円給付!!”

去年が、120万人くらいだったから、総額「12兆円」の予算が必要となる。

麻生さん、緊急景気対策だとかで、金融機関に20兆円とか30兆円とかを投入・・・・・しかしね、そんなことをしたところで銀行、中小零細企業にカネ貸すだろうか???

だったら、近い将来を見据えて、年間、一般会計、特別会計で予算化されている公共事業費、総額60兆円の20%が12兆円・・・・・

それを、少子化対策として、赤ちゃん一人に“1千万円!!”

だって、殆ど消費に使われるはずでしょ。

3人子ども生んで育てれば、3千万円。


地域振興券みたいな形、子育て小切手で毎月10万円くらいを10年間。

子どもが3人いれば、毎月“30万円”の小切手が・・・・

もちろんベビー用品、子ども用品、学用品にしか使えない。
そうすれば、本来の所得の使い道ももっと増えて、それなりの経済効果が生まれる。

「安心して赤ちゃんを産んで、育ててください・・・てね。」

もちろんシングルマザーもOK!!

10人産んで、1億円なんて云う「兵」まで現れたりして(笑)。

母子手帳取得と同時に給付。

お母さんは、体には気をつけるし、美味しいもん食べるし・・・内需拡大間違いなし。
あるところで話したら、結婚しない人、子どもを産めない人、出来ない人への差別になるっていう意見もあるだろうが・・・・・

でも、みんな年をとる・・・そもそも近年の核家族現象で子どもが親の面倒なんて云うのに無理がある・・・・・
生涯独身であろうが、子どもを持てなかった夫婦であろうが、“老後”は必ずくる。
そのための少子、高齢化対策・・・・・

つまり、子作りはその意味ではその国にとって最善の“公共事業”ではないか。

結果、年金の掛け金を支払う世代が増えるんだから・・・・・

まあ、その予算というか財源なんだけど、毎年の公共事業予算60兆円ほど、その20%が無駄との意見もあるし、
現実、会計検査院の摘発で、その証拠は「氷山の一角」としてあがっている。

医療費にしたって、公的医療機関の医師不足を言ったり、高齢者医療の増加を問題視したりしているけど、
実際、37兆円とかの総医療費の、これも20%からが“無駄”というか、架空請求・・・・・・
それに、医薬品メーカー、医療機器メーカーの政治との癒着でやはりそこでも架空請求が行われている。

防衛省の“山田洋行”のように。

つまり、この国の政治、行政は、「深刻な少子高齢化」とか、「食糧危機」とかを言いながら、
そこへの対策は、どういうわけか全くといっていいほど執らない、それどころか、その現実に逆行する政策を当然のように行っている。

「中福祉中負担」

つまり、それは「中途半端な福祉政策」・・・・・

実態は、「低福祉高負担」でしかない。

早い話が、国の「予算配分」を変えるだけですむ話。


もちろん、政治行政の税金泥棒、詐欺行為を徹底的に国民監視するということがもっとも大事なことなんだけど・・・・・

ところで、ここ、高崎でも、旧庁舎から21階、超豪華な新庁舎になったことで、その維持管理コスト、というか行政コストは、“7.8倍”になっていると、
高崎市議会議事録が教えている・・・・・

つまり、“7.8倍”ということは、毎年数億円が累積債務化しているということになる。
それに、使えない“屋上へリポート”のための維持管理費が年間1億円、これも累積している・・・・・
21階を20階にすれば必要なかった、消防法で定められたとかの屋上へリポート。

とにかく、直近の問題は“少子高齢化”!!

利権の仕組みは作れないかも知れないけど、喫緊の課題だ!!
  


Posted by 昭和24歳  at 20:58Comments(0)

2008年10月31日

“オレオレ解散!!”

“オレオレ解散!!”

麻生首相、解散先送り・・・・・




“ニセ麻生” YouTubeザ・ニュースペーパーです↑


太田昭宏代表と北側一雄幹事長は26日夜、都内で首相と密会し―――― 

「一体、誰のおかげで総理になれたと思ってるんだ」

と早期解散を迫った。さらに――――

「11月末が駄目な理由を言ってくれ。
駄目なら、この時期に解散すれば勝てるんだという戦略を示してくれ」


と食い下がったが、麻生首相は、

「言えない」

の一点張り。太田氏が―――――

「このままでは福田と同じになってしまうぞ」

“麻生おろし”までちらつかせたが、約1時間続いた会談は物別れに終わった。

この間、首相は一口もコーヒーに口をつけなかった。

<スポニチ・アネックス: 2008年10月29日>抜粋引用


と、まあ、いわゆる“スポニチ”なんだけど・・・・・・

つまり政局だかなんだか知らないけど、「政局より経済!!」とばかりに昨夕の麻生首相のテレビ会見、

「全家庭にお金を配ります!!」

のような政策発表だが、一人当たり“1万5千円”づつだとか。

さて、さっそくわが家でもその一人当たり“1万5千円”の使い道の話になったんだけど、
わが家は今は3人家族なので、多分“4万5千円”・・・・・

早速、中学生の娘は、

「バンプ・オブ・チキンのCDと~・・・・・そうだ、そうだ、ディズニシー行こっ!!
日曜日なら関越、1000円だし、ガソリンも下がってるし・・・・・」


と、“1万5千円”への夢は膨らむ(笑)。

しかし、 ↑の“スポニチ・アネックス”なんだけど・・・・・・

公明党、太田昭宏の代表、本当に言ったかどうかはともかく、

「一体、誰のおかげで総理になれたと思ってるんだ」

発言は、凄いですね!!

「このままでは福田と同じになってしまうぞ」

とまで言われて、麻生首相のアノ、“ヒョットコ口”どんな風になってたんだろうと想像してしまうと可笑しいが・・・・・

麻生首相、テレビ会見後、公明党の北側一雄(二世)幹事長は、

「3年後の消費税上げは聞いてない!!」

と、不快感をあらわにコメントしていた。

“スポニチ・アネックス”のとおりなら、 「そうだったのか」ということなんだけど・・・・・・

「このままでは福田と同じになってしまうぞ」

ということは、わが郷土の誉れの福田康夫前総理もさぞやご無念であったことだろうと、心中察し余りある・・・・・
まあ、アノさばさばとした、わが郷土の誉れ、福田康夫前総理らしい会見の件は、今さらながらにそれを頷けさせるものを感じた。

まあ、今度こそ、それこそあからさまに公明党支持母体の創価学会の絶大な応援がなければ、自民党数合わせ代議士は壊滅状態になりそう・・・・・・
上毛新聞にも当県○区の△×代議士はその公明党(創価学会)に応援を依頼したとか書かれていた。

それにしても、わが町高崎の民主党候補予定の“MN氏”、ポスターもしっかり作っちゃって、
去年へ移転した江木町の松原楽器跡を選挙事務所に・・・・・
まあ、家賃だけでも毎月あそこでも20万円は下らないんじゃあないか。
もっとも前回の選挙のときは今の“ヤマデン”そばのけっこうお洒落なビルだったから家賃はもっと高かったろうが・・・・・

しかし、麻生さん、 せっかくゲットした、おじいちゃんも座った“総理総裁の椅子”。
麻生さん、今までは欲しいモノは何でもゲットしてきたんだ、
とうとうゲットした、総理総裁の椅子、そんな簡単に手放してたまるものか・・・・・・

「オレ様は、育ちは悪いが、生まれはいいんだ」

何せ、大富豪の御曹司である!!

でもどうしてあんなふうに口が曲がっちまうんだろうか?
もしかして、子どものころからいつも口を屁の字にしたり、尖らせたりして「育て方の悪かった」親に口答えばかりしていたせいだろうか・・・・・

まあ、大富豪といえば鳩山兄弟も、麻生さんの上を行く大富豪、つまり、そん所そこらの“大金持ち”なんかじゃあない。
そんな“大富豪”連中が、国民生活間なんか考えてるわけがない・・・・・・
僕ら下々が、“大富豪”の生活ぶりを想像できないように、“大富豪”のほうも僕ら、下々の生活なんか想像できない。

それにしても、“オレオレ解散!!”にはマスメディアも大変なことになっているとか・・・・・・
というのも、“総選挙”目当ての特番営業が出来ないんだとか。
さらに、“選挙特番”で営業をかけっれるはずのコメンテーター諸氏も年末、年越しのためのギャラ稼ぎが出来なくてブツブツ言っているとか(笑)。


ところで、民主党、さっぱりなんだけど・・・・・・

どうかしました!!???  


Posted by 昭和24歳  at 16:56Comments(0)

< 2008年10>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ