2008年10月16日

顔なし・・・・・

顔なしではダメ!!


http://www.happy-page.jp/gazou/96.htmより拝借>


いよいよ総選挙!!???

民主党の“マルチ議員”前田雄吉が離党、辞職、そして不出馬!!

もっとスッゴイ!!マルチ議員が民主党にいた!!
http://jp.youtube.com/watch?v=vvnjkYmjIyY

もうどうでもいい!!こんな連中ばっかりが政治をしている。
民主党ばかりではない。自民党にも・・・・・
しかも、現内閣“消費者行政推進担当大臣”だっ!!

<野田聖子氏>マルチ業者擁護発言 96年衆院委で―――

「野田聖子消費者行政担当相が96年の衆院商工委員会で、マルチ商法業者を擁護する趣旨の発言をしていたことが16日、分かった。
野党側は同日午後の参院予算委員会で追及する構えだ。」
<10月16日14時7分配信 毎日新聞>
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/136/0260/13604100260007a.html
<96年の衆院商工委員会議事録>

なんのことはない・・・・・・
政治そのものが“マルチビジネス”なのだ(笑)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E9%99%90%E9%80%A3%E9%8E%96%E8%AC%9B

つまり、早い話が『ネズミ講』だ・・・・・

政党、政治家にとって国民は「十把一からげ」で、いろいろな種類のものを、区別なしにひとまとめにして扱うこと。
また、一つ一つ取り上げるほどの価値がないものとしてひとまとめに扱うこと。

<大辞泉引用>

つまり、ありとあらゆる業界、団体、組織に“既得権”を餌に「票」を取りまとめる。
その組織のトップ層が“ネズミ講”でいえばその“親”だ。当然、その既得権益に預かるのはその“親”だけ・・・・・
組織、末端の人間なんかはせっせと票集め、貢だけでもちろん“既得権益”のオコボレにさえ預かれない。
まあ、「投票率50%」そこそこということが、いかに一般大衆、国民が賢明であるかと言う証明ではないか(笑)。

アメリカ発の“経済恐慌”!!

戦後、というか、この日本でもその意味では「中曽根内閣」に始まった行革、構造改革でこの日本は悪くなるばかり。
その間の“バブル経済”にしたって、僕ら非組織大衆、一般国民はなんら関係なかった。そこで「バブル経済崩壊」にも大儲けして、焼け太った住専役員、高級官僚、ヤクザ、そして政治家・・・・・
そのツケ、清算を800兆円とも、1000兆円とも言われる天文学的負債として「財政難」を言い、全く無関係だった一般国民に押しつけている。

今日のアメリカの金融崩壊も、なんの関係もない国民を犠牲にして今後“健全化”されることになる(笑)。
実は「おカネが突然消えてなくなった」わけではない。ただ「右から左へ」、どこかの誰かによって移動させられただけ・・・・・

しかも、ありもしない「信用」とかで、実物、実体経済の数百倍もの「カネ」をコンピューター上にでっち上げて、
それを、税金で穴埋めしろと言うのが今日の「金融救済策」の実態だ。

日本の“バブル経済”での「土地投機」がそうだった。つまり“相場”でしかないそれに、数十倍、数百倍の“値段”をつけて・・・・・・
日本中の銀行と言う銀行が庶民から預かった預貯金を“投機マネー”として相場師、ヤクザに貸付けた。
しかも、それを政治が、行政が法律まで作って「どんどん使え」と煽った・・・・・

「中曽根民活・内需拡大政策」

アメリカに言われるままの円高容認の“プラザ合意”!!

時の内閣総理大臣、中曽根康弘氏がテレビで緊急記者会見した・・・・・・

「輸入促進のため、国民1人当り100ドルの外国製品を買いましょう」

と、国民に呼びかけた。

結果、ソニーがコロンビア映画を、三菱がロックフェラー・センターを、西武がインターコンチネンタルホテル・チェーンをそれぞれ買収するという狂乱経済。

そしてバブル崩壊、破綻で買収したそれら物件は買い戻され、国鉄民営化で、その負債、現在規模で“50兆円”は国民負担・・・・・・
その他、本四架橋、東京湾横断道路、関西国際空港、中曽根政策の民活で今日の赤字国債800兆円。

その誰かに盗まれてしまった“800兆円”は未来永劫、“法律的”には国民負担、国民の責任と言うことになっている。

何度選挙しても、選挙するたびに国民負担は増える一方だっ!!


この11月末が“解散総選挙”だとテレビが言っている・・・・・・
去年とはまるで違った言い分で、「定額減税」だとか「景気回復」だとか、「国民生活安定」だとかで“赤字国債”止む無しとか。

埒外の国民・・・・・・

「十把一からげ」の“顔なし”国民ではダメ!!



<千と千尋の神隠しより>

そう、そこのあなた。そしてそこのあなたの子どもや孫、末代までが責任を負わされる(笑)。
それが、政治、そして選挙・・・・・・

何度選挙しても同じ、いや、すればするほど悪くなるだけ・・・・・・


http://jp.youtube.com/watch?v=H3FqPQtFjQo
懐かしいですね。こんな政治家もいました・・・・第64・65 代、“田中角栄”内閣総理大臣。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%A7%92%E6%A0%84
  


Posted by 昭和24歳  at 20:12Comments(2)

2008年10月16日

そのまんま宮崎県知事!!


間抜けな中山ナントカに粉かけられて少しその気になったりしたかも・・・・・・

「今は考えてません!!
それでいいじゃあないですか!しつこいですねぇ!!」


それにしても中山ナントカ・・・・・・

「私のシナリオ、第一ステージ」だって(笑)。

あの失言で辞めたのも“シナリオ”なんだそうだが・・・・・



まあ、宮崎県庁の“星”、「東国原英夫知事」を自分のシナリオで国政にだなんて。

ところで、この中山ナントカにそんな力があったんだろうか(笑)。
大蔵官僚上がりの衆議院議員、精々が“文科大臣”で、どちらかと言えばカアチャン・・・・・・・
あの猫なで声の“安倍、福田”での拉致担当補佐官、大臣だった、やっぱし大蔵官僚だった「中山恭子参議院議員」の亭主の方が知れている(笑)。

その中山ナントカ前国交大臣、三日天下の・・・・・・
その御仁が描いたシナリオがその問題発言から、国交大臣在任期間たったの3日で辞職。
いくらお笑い芸人出身の“ツーツーレロレロ”のカタワレだからと言って・・・・・・

「宮崎、どげんかせんと!!」

言っているのを無理やり自民党候補者に仕立てようと(笑)。
そのまんま知事にしたってバカじゃあない。なんで「泥舟」の自民党の誘いで出るか!!???
次期総選挙では自民党下野ほぼ確実なのに・・・・・・

そんなところから「出るわけがない」。

民主党からだったら「アリかも」(笑)。

しかし民主党の候補者はいる。だがしかし、政治屋の世界は「一寸先は闇」、もしかしたら民主党から“そのまんま”なんてえのもありかも!!???

しかし、民主党、ナントカ火消しに成功しましたね。

昨日書いたんだけど、「マルチ商法支援議員」の“前田雄吉”、結局辞めた・・・・・

民主党からも離党、次期衆院選も不出馬。



民主党の前田雄吉衆院議員(比例東海)は15日夜、国会内で小沢一郎代表と会談し、業務停止処分を受けたマルチ商法業者から講演料を受け取っていた問題で、

「党に迷惑をかけた」

として、既に得ていた次期衆院選愛知6区の公認を辞退し、離党する意向を伝えた。併せて次期衆院選に立候補しない考えも伝えた。

小沢氏は会談後、党本部で記者会見。前田氏の申し出を了承したことを明らかにしたうえで、

「政治家の出処進退は自ら決するべきだ。どうすれば皆さんに迷惑をかけないか若干意見を申し上げたが、最終的には本人の申し出だ」

と述べた。離党手続きや、公認返上に伴う新たな公認候補の選定については「第一義的に県連で判断すること」としている。

前田氏は14日夜にも小沢氏に呼ばれ、東京都内の小沢氏の個人事務所で事情聴取を受けた。

小沢氏は「他に献金はないか」などと確認した後、前田氏に対し「(対応は)自分で考えろ」と指示したという。

関係者によると、党幹部は前田氏の問題に関して14日の段階で「厳しい対応が必要だ」として公認取り消しを含めた対応を検討しており、
これを受けて前田氏が決断を迫られたものとみられる。

当然だろう、小沢民主党にしてみれば千載一遇の政権奪取のチャンスに、マネシタ政経かなんかのチンピラ代議士に邪魔されちゃあ堪んない。

まあ、自民党にしたってあの“小泉チルドレン”・・・・・・

肝心の親がいなくなってしまって、桝添の元女房の片山さつきも、



岐阜、野田聖子の刺客から東京5区へ追い出されちまった佐藤ゆかり、



まあ、それより何より、頼みの綱の小泉引退で一番ショックなのが先の自民党総裁選でその“小泉援護”のヌカ喜びだった“マダム回転すし”の小池百合子・・・・・



多分、全部、次期総選挙は“危ない!!”

杉村太蔵なんて秘書に自殺されたり、男だか女だかわかんない女の井脇ノブ子なんか借金問題で訴えられるし・・・・・



まあ、小泉チルドレン“83会”とかなんだけど、全員“バブル議員”でまず、ほとんど次期総選挙で消える・・・・・・というより、
自民党から公認もらえないだろうし、自民党だって公認料出す余裕はない。
05年の郵政選挙のときは、まあ“刺客”とかいわれた候補者はともかく、ほとんどが公募で比例代表で、“くじ”に当たったような「当選」(笑)。

しかし、83人も“小泉チルドレン”・・・・・・

一人頭、年間5000万円ほど持っていかれてる。それが任期一杯なら丸4年。
つうことは、83X5000万円X4年=166億円が泡と消えた・・・・・


ほとんど何にもしない、 「枯れ木も山の賑わい」だった“小泉チルドレン”

ところで、自民党には叩けば誇りだらけが一杯いるんだけど・・・・・・

いずれにしても自民党は終わりかも!!???

だもの、そんなとこからいくら“そのまんま東国原英夫知事”でも・・・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 09:46Comments(0)

2008年10月16日

カナダからの手紙10.16

厄介なことになった

コソボのアルバニア人が勝手に独立宣言をしてしまった。
アルバニア人にとって独立は数千年来の悲願だったとはいえ、あまりにも条件が悪すぎる。
失業率50%以上、産業は農業だけ、自給自足も出来ない。
どう独立国としてやっていけるのか。

人口、2百万足らず、20万人は独立反対のスラブ人。
大きな戦争の火種になりかねない。
第一次大戦が、そのバルカン半島で勃発したように。
双方、独立反対のロシアと賛成のアメリカにバックアップされている。
さて、どうなることやら。


日本人は籠の鳥なんですかね?
“カナダからの手紙”・・・・・その友人はカナダに住んで30余年、もちろん日本人なんですが・・・・・・
いわゆる“シベリア鉄道”、モスクワ経由で世界にはばたいた団塊の世代なんです。


今日は愕いた

スイスのジュネーヴのパテックフィリップという超高級時計の本社から電話が来ました。

パテックフィリップ指定とする修理屋をモントリオールで探している、私はその有力候補だと言うのです。
来週の金曜日パテックの重役がモントリオールに来るのであって欲しいということでした。

パテックはローレックス 以上の世界最高級の時計です。

本音を言うと、こんな名誉なことはありません。

でもパテックの仕事をすることになったら長年付き合ってきた客を切捨てなければなりません。


彼は時計のリペア職人なんです・・・・・
きっと彼は“パテック”の仕事を断るでしょう。


大掃除

今日は土曜日、かあちゃんに手伝ってもらってアトリエの大掃除をしました。
何しろ、来週、パテックフィリップの本社から重役が来るのですから。

結果はどうあれ、日本人のアトリエは汚いと思われたくありません。


アトリエとはモントリオールのダウンタウンにある彼の工房のことです。
時計に埋もれて「チックタック、チックタック、コッチコッチ・・・・・・」30余年も・・・・・


taikutsu

Today is sunday ,9:20AM.
What a hell is going on ?.
I can't write in Japanese .
Last night I installed new modem that company sent to me .
I phoned to provider ,but today is sunday customer service is closed .
Fuck you !
I can conect to yahoo and can read all the papers ,everythings OK except writing in japanese .
I do not think big problem .
Today is sunday ,I have lot of time ,I will challenge to fix it .
But ,how ?


どうやら、パソコンが壊れたようなのですが、いつものこと(笑)。
時計の修理にかけてはピカイチなんですけど、パソコンの操作は???
多分“Num Lock”を触っちゃったりしたんじゃあないかと思いますが・・・・・・


直った

直したのではなく直ってしまったというところです。
よく解からないまま、あちこちクリックしているうちに、日本語のアイコンが出てきました。
もう一度同じことは出来ません。
後味悪いけれど、マア言いか。


だそうです(笑)。


ドジで間抜けな日本人

そして、のんきな馬鹿。
日本に迫りつつある危機を知ろうともしない、知りたくもない、ケンタさんも同じ馬鹿。
今がよければそれでよい、何とかなるだろう。
でもね、ケンタさんの書いていることは、日本の危機を私に知らせてくれる。
ケンタさんがそれを自覚しているかどうかはともかく。

人にとって何よりも大切なことは食うこと。
食料の時給自足率が40%以下になったとかいう日本。
40年近く前私がフランスにいた頃、フランス、ドイツの政府は自給自足率を上げて、輸入に頼らずに国民が食べていけるように努力しているという話を聞いたことがあります。
そう遠くない将来、金では食料が買えなくなる時代になるのですよ。
その頃、技術立国日本は、中国に全ての技術を巻き上げられてアジアの惨めな三等国になっている可能性があります。
俺んちの畑の野菜を盗んだとかで殺しあったりして。
中国人、アメリカ人、はじめ、日本人以外の民族のずるさ、悪さ、したたかさを日本人は知らない。
誠意と真心が相手に通じわかってもらえると信じてるお目出度い日本人。
ケンタさんも、こんな話を馬鹿馬鹿しいと笑うだろうが、お二人の書くことは落ちぶれ行く日本を私に感じさせる。


“ケンタ”とは僕のHNです。
彼のおかげで世界から見た“ニッポン”がわかるようになってきました・・・・・・
b0cc
  


Posted by 昭和24歳  at 07:44Comments(0)

< 2008年10>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ