2008年10月11日

割を食わされるのは日本

天木直人氏のブログを引用―-――――
http://www.amakiblog.com/archives/2008/10/10/#001177

<引用開始>

これは私が言っているのではない。朝日新聞経済面に「経済気象台」という匿名のコラムがある。
そこで書かれている事である。日付を書き込むのを忘れたが10月はじめの頃の記事であった。その記事は次のような書き出しではじまっている。

「米国側の認識として伝えられている説がある。
『日本国内で使い切れないほどあまっているカネは、世界経済の繁栄のために、返済を求めないカネとして米国に託している。この事は日米政府が合意している』、
というものだ。この説に従えば、現在の世界的な金融危機の原因の一端は日本にある・・・」

主要国の中でも唯一金利ゼロという異常な政策を長年とり続け、国民の利息収入を奪い続けた日本政府。
日本の銀行に預金された金利ゼロの資金はまわりまわってハゲタカ金融資本に差し出され、彼らの巨額な投機益でありつづけた。

そのバブルがはじけた今、公的資金の投入によって金融機関が救済されようとしている。
それにしても「返済を求めないカネとして米国に託している」というのは何か。
それは米国債や預託金となって米連銀の金庫に眠っている日本の外貨準備に違いない。 そのカネを日本の意思で動かす事ができないとはどういう事か。

日本の意思で動かせないことについて日米政府が合意しているというのは本当なのか。
米国関係者の間で共通認識があり、日本の金融関係者、経済専門家の間でそれがまことしやかに語られている、とはどういう事なのか。

かつて橋本龍太郎元首相が米国での講演で、「国債を売り飛ばしたい誘惑にかられる」と口走って米国政府筋からにらまれた事があった。
外貨準備はもとをただせば日本国民が働いて手にした資金である。いまこそその資金は国民の生活や日本企業を救う資金として使うべきではないのか。
国民の税金や更なる赤字国債の発行によって、米国発の金融危機の救済に日本が協力させられようとしている。

どこまで行っても、割を食わされるのは日本である。

それに従うしか能のないのが日本政府と官僚である。

<引用終わり>

その通りなのだ!!

“カネ”はそこにあるのだ!!

政府の言う財政、“800兆円”とかの負債だというが、その“800兆円”たとえ飲み食いされたにしろ、
その飲み代、食い代はどこかの誰かに支払われたはずだ・・・・・・
ましてや、公共事業、それが労賃、労務費、工事代金にしろどこかの誰かに支払われただろうし、
それよりなにより、公共事業の高速道路、新幹線、ダム、等々の“用地取得費用”だろう。これの公共事業に占める割合は莫大だ。

例えば高崎市だが、バブル期に都市再開発だとか、工業団地造成だとかでバブル期の時点のとんでもない価格で用地買収し、
当然、その時のままの“簿価”で資産評価しているんだろうが・・・・・・
つまり「塩漬け」今では、その実質価値は10%とも、5%とも。しかしそれこそがからくりで、その簿価で支払いを受けた売却者がいたわけだ。
そうした案件が前橋市長の親族がらみで前橋市の買収土地が問題になっているご案内も周知。

つまり“カネ”は「なくなった」のではなく、右から左に移っただけ(笑)。

そうして「・・・・・どこまで行っても、割を食わされるのは日本である。」というように、
どこまで行っても、割を食わされるのは市民、大衆、国民である(笑)。

麻生、「赤字国債も厭わぬ」だと!!???

噴飯者目が!!

結局、増税で国民にツケを背負わせようというのか!!???

そんなことが許されていいのか・・・・・・
自分たちの都合のいいように“法律”を作って、右から左へ“カネ”を移す。

先の、商法改正がそうだ!!

“特定目的会社”“ノンリコースファイナンス”
http://www.apa.co.jp/appletown/pdf/wine/0512_wine.pdf

つまり、今のアメリカの金融破綻はまさにこの“ノンリコースファイナンス”でその貸出資金はデベロッパーに対するものではなく、
特定事業“プロジェクト”に対する貸出で、つまりその“貸出資金”を証券化し“金融商品”にして再販する・・・・・・
そして今のアメリカの場合はその“借金”という商品が“不良商品”になってしまったことがその原因だ。

今、高崎の駅前の“アパ”とか、林立する高層マンションプロジェクト等がつまりその“商品”。
したがって、売れ残りなり、ローン事故が生じればそれを証券として保有する投資家が損失を被る・・・・・

今アメリカに端を発した株価暴落はそれそのものなのだ。

そうして「・・・・・どこまで行っても、割を食わされるのは日本である。」ということである(笑)。

  


Posted by 昭和24歳  at 20:28Comments(2)

2008年10月11日

カナダからの手紙

カナダからの手紙

「14日が投票日です。国民の関心は低く、投票率は低いという予想です。
でもカナダの総選挙に非常に関心を持ってる人達がいます。
それはアフガニスタンのタリバンです。
カナダは、2千人以上の兵を最も危険なカンダハーに駐屯させています。
すでに90人以上のカナダ兵が死にました。
カナダ兵はタリバンにとって目の上の瘤なのです。
首相、ハーパーの保守党が負ければ、カナダ兵が引き上げる可能性が強いのです。」


カナダは今総選挙だそうです・・・・・
世界はいろいろですね。カナダは軍隊、実戦部隊、2千人以上派兵してるんだそうです。
その国土は日本の約27倍で人口は約3,161万人(2006年国勢調査)、国家元首はエリザベス女王二世、オーストラリア、ニュージーランドと同じ英連邦王国。

しかし、リアルタイムの恐慌・・・・・

歴史的には1929年のNYダウ大暴落に始まった“世界恐慌”の様相だとか。
その真っ只中に生かされている現代の僕ら。
その典型は、やはりその1929年のときも“GM”(ゼネラルモーターズ)の株価急落、
そして今日、その“GM”は6兆円を超える債務超過で株価は一時、前日比約33%安の4.65ドルまで急落。

「日本は“昭和恐慌”!!」1930年(昭和5年)

ここで注目すべきは当時とあまりにも政府政策が酷似していることではないか・・・・・

<Wikipedia引用開始>

『昭和恐慌として特筆されるのは、当時世界恐慌に見舞われた他の資本主義国と違って実質国民総生産や工業生産高はほとんど減少せず、先の金融恐慌の処理で信用不安の問題が殆ど解決されていたことなど、恐慌とともに起きる筈の経済現象が世界恐慌の波及時には殆ど起こらなかったことである。その代わり、農産物の価格低下、労働者賃金の低下、内需不振によるデフレは深刻なものとなった。国家や財閥は海外に目を向けることで打撃を最小限としたが、その分農民や労働者など国内の問題については積極的な対策を打ち出された訳ではない。こうした政府と一般の感覚のズレが満州事変や昭和維新に対する国民の共感を得る一因となっていった。』

<Wikipedia引用終了>




まっ、水をさすつもりはないが、「傭兵のクリーンナップとエースと押さえ」・・・・・・
これで、中日が漁夫の利では洒落にならないね(笑)。



「先の金融恐慌の処理で信用不安の問題が殆ど解決されていたことなど、恐慌とともに起きる筈の経済現象が世界恐慌の波及時には殆ど起こらなかったことである。」

今日も「先の金融恐慌の処理で信用不安の問題が殆ど解決されていた」・・・・・
つまり、バブル崩壊時の“公的資金投入”と、超低金利政策で国民生活の現実はともあれ大手金融機関統廃合等でその信用不安は解消されていた。

「その代わり、農産物の価格低下、労働者賃金の低下、内需不振によるデフレは深刻なものとなった。」

まさにその昭和恐慌下の国民生活そのままではないか・・・・・・
そして、

「国家や財閥は海外に目を向けることで打撃を最小限としたが、その分農民や労働者など国内の問題については積極的な対策を打ち出された訳ではない。」

つまり、国民救済政策はとらなかった。
それがやがて、「こうした政府と一般の感覚のズレが満州事変や昭和維新に対する国民の共感を得る一因となっていった。」という・・・・・
軍国主義の台頭から日中戦争、大東亜、太平洋戦争へと陥る情勢が創り出されていった。

まさか、だからと言ってこの時期、日本が積極的に戦争、軍事的介入に向いていくとも思えないが・・・・・・
アメリカ政府は「アフガン派兵増強」にまずは1兆円規模の軍資金要請を言っている。
「同盟各国」と言うことだが、その可能性は、実質“日本”だけしかない。

戦争が公共事業のアメリカ政府ではその失業対策には軍需産業の活性化しか手はない。
“ビッグ3”だけでも十数万人の雇用が失われるかもしれないようだ。
当然、その失業対策としての“志願兵大募集”もこの恐慌のさまでは避けられない現実だろう。

しかしほんの一握りの国際金融マフィアの欲望の餌食になる65億人の人類・・・・・
なんのことはない、僕らもその一人なのだ。
そして、「解散」だの「赤字国債」だのとノー天気な政治家の愚策でいつも苦しむのは大衆。
この恐慌で消えた天文学的な“ドル”は雲散霧消したわけではない。右の手から、左の手に移し変えられただけだ。
当然、日本の財政赤字とかの天文学的“円”も消えたわけではない・・・・・
消えた年金もそうだし、掛け金として集められた“お金”が焼却処分されたわけでもない。
“お金”は“お金”として発行された、支出されたその分は必ずどこかにある。つまり誰かが隠してしまっている・・・・・・

早い話、大泥棒が、大詐欺師がそこにいる。

少なくとも、日本の中の、そこにいる“大泥棒”“大詐欺師”を白日にさらせばことは全て解決する。
そこにいる。すぐそこにいる(笑)。
  


Posted by 昭和24歳  at 15:51Comments(0)

< 2008年10>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ