2019年12月10日

【高崎スタイル】市長が語る「わからないんですよ」ハァ~?

 【高崎スタイル】市長が語る
「わからないんですよ」ハァ~?



三島久美子議員:
なぜ市長は一民間人の方をですね市政運営の上で過剰なまでに登用(重用)してしまったのでしょうか...
市長:
それが問題かどうかって言われてもねぇ、わからないんですよ、
想像だけでねぇ、イメージだけで言われても、ハァってぇわけにはいかないんですよ...


>ハァってぇわけにはいかないんですよ

「ハァ」っていかないのは市民、下々の方だぜ、まったく...

なんかこの人(市長)高崎高校トップクラスで卒業して東京大学法学部入学、卒業であの加計学園で隠蔽改ざん問題の文部省(現・文科省)に入省。
ま、いくら優秀な高級官僚でも前川喜平氏みたいに文科次官にはなれなかったみたいで、群馬県立女子大学長から高崎市長に。

で、この期に及んで...
それが問題かどうかって言われてもねぇ、わからないんですよ、
想像だけでねぇ、イメージだけで言われても、ハァってぇわけにはいかないんですよ...


って、人を食ってるのか、下々を馬鹿にしてるのか官僚、役人ボケして脳味噌緩々になっちゃってるのか、惚けてるのか、わかりませんけど。

で、菅田容疑者なんだけど、手足のように余人に代えがたく重用してたのに想像だけで、イメージで言われてもわからないって、そんな馬鹿なことはないだろう。

で、さらに菅田容疑者のグラスロードとかのデザイン、企画会社なんだが仕事のほとんどが高崎市のお仕事でした。富岡市町知らんわけないでしょ、さらにラジオ高崎のお仕事も。
そしてさらに菅田容疑者もグラスロード社も「ラジオ高崎」の株主になってるという高崎市が大株主のラジオ高崎とズブズブな関係の上に副市長がラジオ高崎取締役、市長が顧問というズブズブ、で「知らない」って、それはない(笑)。

グラスロード社:業務実績
http://grassroad.co.jp/works/index.html

ラジオ高崎:概要
http://www.takasaki.fm/company/

しっかし、富岡市長相変わらず滑舌悪いねぇ、何ってるかわからない。歯でも悪いんだろうか、心配です。

 【高崎スタイル】市長が語る
「わからないんですよ」ハァ~?

  


Posted by 昭和24歳  at 17:00Comments(0)

2019年12月10日

高崎談合3人再逮捕で、機能しない市議会は解散...

高崎談合3人再逮捕で、
機能しない市議会は解散...


陳謝は二度目...
二度あることは三度ある。


高崎談合 3人再逮捕 別の予定価格漏えい 県警 市役所など捜索
「高崎芸術劇場」の備品購入を巡る官製談合事件で、別の高崎市発注の入札でも予定価格を漏えいしたなどとして、県警は9日、官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで、同劇場元館長の菅田明則(66)=安中市安中=ら3容疑者を再逮捕した。県警は複数の入札で予定価格の漏えいが繰り返されていた可能性もあるとみて詳しく調べる。

<中略>

市職員らの再逮捕を受け、富岡賢治市長は9日、記者団の取材に対し、「市民の信頼を傷つけ、あらためて申し訳ない気持ち。一日も早く信頼を取り戻して適切で力強い行政を進めていきたい」と陳謝した。

<抜粋引用:2019/12/10 上毛新聞>
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/179233

>「市民の信頼を傷つけ、あらためて申し訳ない気持ち。一日も早く信頼を取り戻して適切で力強い行政を進めていきたい」

「...一日も早く信頼を取り戻して適切で力強い行政を進めていきたい」なんだが、もう無理だろ、ここ数年箱物行政一辺倒で大盤振る舞いをしてきた悪弊。
高級官僚上がりの市長に民意を汲み取ることはできない、現実は「裸の王様」で議会では多数派を懐柔しいけんを聞かないどころか言わせない空気を作り出し「高崎財団」、「高崎開運食堂」も側近、菅田容疑者の発案だという高額な家賃を高崎市が負担しする。

で、上毛新聞、同記事だがコレ↓

人口減少時代を迎えて高崎の魅力を高めて外にPRする姿勢は間違っていないとした上で、「安ければいいなら備品はインターネットで買えばいい。経済が潤うよう地元企業を大事にするか、安さを追求するか、行政も市民も考えなければいけない」と強調した。

>「安ければいいなら備品はインターネットで買えばいい。経済が潤うよう地元企業を大事にするか、安さを追求するか、行政も市民も考えなければいけない」

誰もそんなこと言っちゃあいない。要するに「ズル」、官製談合、落札率98%という「ズル」をしちゃあいけないということだ。

今回の事件を思うに、一番の被害者は「阿久沢電機」の社員じゃあぁないだろうか。毎日、同社の前を通るが工事車両が出は入りする気配はない。
この年末に来て社長が逮捕され家族もいるだろうに、クリスマスプレゼント、お年玉を楽しみにしている子供もいるだろうに...

「指名停止」、それが半年でも一年でも、もう以前のようには振る舞えない阿久沢容疑者の下の社員の皆さんを思うと忍ないものを感じざるを得ない。

そして佐藤容疑者もだが、議会では氏を責める発言よりも菅田容疑者に従わざるを得なかった弱い立場を気遣う言葉も聞かれた。
そう、阿久沢電気の社員のように家族がいて子供もいてどんなに辛い思いをしてるかを考えると...

富岡市長、あなたの責任は極めて、限りなく重いものだということを自覚すべきだ。まあぁね、高級官僚出身、攻めるときは優秀な頭脳をフル回転させて行動するが、一度守りに転ずるとその言動は薄弱になる。よって、信頼の回復はない。

あの、山一證券の野沢社長みたいに「社員は悪くありません、全ての責任は私に」くらいのことは言えねぇのか、じゃなきゃ佐藤容疑者立つ瀬がないぞ。

というわけで、再逮捕の三容疑者お正月は群馬県警の留置所で...

高崎談合3人再逮捕で、
機能しない市議会は解散...

  


Posted by 昭和24歳  at 13:22Comments(0)

2019年12月10日

高崎芸術劇場は「落札率100%」の「談合劇場」

高崎芸術劇場は
「落札率100%」の「談合劇場」



伊藤敦博(日本共産党)一般質問より財務部長答弁に唖然!!

「239億4630万円一般競争で100%でございます。

スッゴイね、芸術劇場結果、100%の落札率って談合そのものじゃないの...
これ市議会議員も、市長もおかしいと思わなかったのかねぇ?
しかし、これ、わかっててそのまま可決してたとしたら市民への裏切りだよねっ。

さらに、伊藤敦博(日本共産党)議員の質問で「高崎財団」の実態が露見。


高崎芸術劇場は
「落札率100%」の「談合劇場」

  


Posted by 昭和24歳  at 09:25Comments(0)

2019年12月09日

【高崎スタイル】市長の答弁は頓珍漢

【高崎スタイル】市長の答弁は頓珍漢


令和元年11月29日 (令和 元年12月定例会(第5回))

市長発言
https://vdg.jp/9FNVgkRs7NtC

一般質問 伊藤 敦博(日本共産党)
https://vdg.jp/91_9TI8WUMGr

1 災害時における避難所のあり方について
  ・台風19号の被害
  ・避難所の現状
  ・今後の課題
2 芸術劇場の官製談合について
  ・事件の背景
  ・高崎財団の影響力
  ・再発防止策


一般質問 三島 久美子(無所属)
https://vdg.jp/Na25czRWizaJ

1 女性活躍推進について
  ・市役所における女性登用
  ・市役所の男性職員の育児休業取得
  ・女性の政治参画講座
  ・女性活躍推進応援サイト
2 災害対策について
  ・台風19号被害の検証
  ・情報伝達のあり方
  ・避難所運営の課題
  ・内水氾濫対策
3 官製談合事件について
  ・原因の徹底究明
  ・市民への説明責任
  ・再発防止策


令和元年12月2日 (令和 元年12月定例会(第5回))

一般質問 荒木 征二(市民クラブ)
https://vdg.jp/ka68VVDZxnkZ

1 福祉・医療・保健の連携について
2 市発注業務について

なんだ、新風会とか一言も官製談合について逃げ決め込んで、これだけ騒ぎになってるっていうのに...

議事録、読んで、ビックリなんだが落札率100%ってなんだよ...  


Posted by 昭和24歳  at 16:02Comments(0)

2019年12月09日

一太知事の動画スタジオ1億1700万円

一太知事の動画スタジオ1億1700万円

ナルシスト...

噂の!東京マガジン県庁に1億1700万円の動画スタジオ! - 2019年12月8日

https://www.youtube.com/watch?v=WO8iaGwFXWE
★30分辺り

そっか、動画スタジオに1億1700万円。
「ぐんまちゃんTV」制作で、群馬TVに年間9,000万円。
一太県庁スタジオ、ランニングコストは...
には「不正確なことは言いたくない」って、アレ?


気分屋はいつも直滑降、真っ逆さま(笑)。

人生、いつも直滑降じゃぁ危ない。
時にはスラローム、そして時にはウエデルン。
そして時にはパラレルターンも...


一太知事の動画スタジオ1億1700万円
  


Posted by 昭和24歳  at 07:54Comments(0)

2019年12月08日

“美しい国づくり”から“生活者中心”の第三話。

現在完了そして過去未来の第三話。
2008年01月02日


“生活者中心”の...

それはつまり、“生活者”である国民自身が“幸せになる”にはまずは、国民の代表、国会議員が国会を通じ、政府官僚の立案した立法、財政政策...
その“1,000兆円”ともいわれる赤字国債、政府債権、地方自治体の地方債を“放棄”することではないか。

もちろん、対外的に負わなければならない負債はどこにもない。
むしろ対外債権を整理をする時だろう“ネバダレポート”などと言われるのなら。
「米国政府財務証券」を国際マーケットで売りさばく。もちろん差損を覚悟で。
それに、実際のGDP比率、1割にも満たないトヨタ等輸出産業過保護のための円高「ドル買支え政策」を止める。
当然、内閣総理大臣の首の一つや二つは“スパッ”と、「首チョンパ」されるだろうけど...

そして、財政投融資として注ぎ込まれ、社会インフラとして整備された高速道路、新幹線、空港、ダム、原発等々に、それらに費やした“赤字国債”といわれるものが実際に“現金”という形で通貨として支払われたわけではない。
その実態は今日では“デジタルマネー”でただ単にコンピュータ上で決済されただけでしかない。
前時代でも、現実的にその公共事業に対価として支払われたのは「小切手やら手形で」決済されただけで、市場流通通貨、“現ナマ”で決済されたわけではない。つまりは「偽装マネー」なのだ。

その都度必要とされる現ナマは、その公共事業の“労働対価”としてのそれぞれの現業での“給与”、人件費だけ。
それプラス、官僚役人の流用、横領と政治家の“キックバック”。

そしてその財政投融資に使われた、郵貯・簡保と、特別会計に流れ込んだ国民・厚生年金資金、石油特会、自動車関連特会等々と歳出入決算後“240兆円”というそれは、それが赤字国債の会計と言うのならそれは国民が、国会が政府に立法、命令し、1,000兆円分の小切手を“財政改革精算基金会計”とでもして、振り出させればいい。

対外債務なら国際的に流通性のない政府発行小切手などを引き受けるわけもないだろうが、ようは、それは完全に“日本の内政問題”として処理できることがら。つまり「経済政策」。
既に焦付いてしまっている、旧国鉄の利子含みの“50兆円”も破綻した石油公団のそれも、闇雲に国民負担とされた道路公団、住宅公団の数十兆円の負債も国民の意思として債権放棄したら言い。
そうすれば、利子が天文学的に膨らむ事もないし、国民が損をすることでもない。
政府が日本国内だけを可能とする貨幣、小切手でも発行すればいい。

謹厳実直な日本国民はその愛国心でまさか“郵貯・簡保”に、市中金融機関にそれであるなら“取付け”などの行動にはでないだろう。
“円”は間違いなくあるのだ。そしてどうしてもと言う国民には政府発行の小切手を渡せばいい。
それで、家も新築できれば、車も買える。米国は反対するかも知れないが“ドル”と交換できないだけ。
そしてその政府発行の通貨での“資産”には一定期間は相続税の対象としない、贈与税の対象としない。
それでの高額の耐久消費財の購入の際の消費税や土地家屋取得の際しての登録免許課税はしない。

なにせ、国民はその愛国心で債権を放棄したのだから。
その債権放棄の見返りとして受取る政府発行貨幣での消費は非課税とすると、国会で立法し制定施行すればいい。
さらにその政府発行の貨幣での預貯金には今までどおりの利子をつける。
もともと、郵貯・簡保、市中金融機関の国債向け資金も、政府日銀発行の貨幣だったのだから。

“財政危機”と言っては、赤字国債が“800兆円”だと言っては、国、地方併せた負債が“1,000兆円”だと言っては、所得増税だの、消費税増税だの、挙句が、社会保障費の削減「負担と給付」などともっともらしいことを言わせることもなくなる。

とにかく“1,000兆円”もの“利払い”がなくなり、国債の借換えも、償還の必要もない。
政府がこれまでの失政を認めるだけ、今日までの国会議員が、地方議員がその無能ぶりを認めること。

このことで僕ら平民階層は直接的恩恵はない。
しかし、愛するわが国、日本の財政は限りなく安定し、増税の必要もなく、社会保障の不安もない。
そして医療も教育も財政難を理由に削減されることもない。

問題は、一般会計歳入分の約“40兆円”が全て、全ての公務員給与に消えることだ。
まあ、それはそれでいい。
ならば、石油特会、自動車特会、そして地方自治体の財源ともなっている各種税。
その後は出鱈目な“赤字国債発行”ではなくその一般会計と特別会計を一元化し全ての歳出に配分すること。
さらに、国民が債権放棄することでこれまでの旧財政の利払いはなくなり、赤字国債の利払い、借換え、償還もなくなり、その特別会計に占めていた毎年の国債費“約17兆円”が不要となり、その意味で歳入は潤う。

政府が国民の幸せを望まないのなら、国民が自らの手で「幸せ」をつかまなければならない。国民の代表、選良を通じて。

この国、ニッポンの発展の礎は、真に「国民が幸せになる」ことに他ならない。
まず、その国民が、「憲法の保障する」ところの生活ができることが肝要ではないか、当然、消費も活性化し、拡大する。

なんと言っても、この国の“GDP”の要諦は「個人消費」にあるのだから。

この国、日本の資源は「人」。つまり、その資源は「日本人」ではなかったのか...

その類まれな、人的資源を忙殺するがごとき政策、為政。

世界でもトップレベルの優秀な官僚、役人。

一人一人は極めて優秀で、謹厳実直であるはずなのに、組織になると「腐る」。

一度、国民を豊かにして、国家が貧乏になってみればいい...

日本国民、多くは望まない。 「家族団欒」、そして、憎みあうことのない「地域社会」で、取り立てて豊かでなくてもいい。
平穏に、平和に過ごせる社会があれば、それだけで十分なのである。

ちなみに、トヨタ自動車一社が輸出の際に、「輸出戻し税」(関税暫定措置法)で還付される総額が、昨年度“2869億円”。
輸出企業トップ10社のそれの合計は、なんと“1兆59億円”の驚愕の数字。 もちろん、ほぼそれに見合った金額をそれら大企業は自民党に「政治献金」している。

そこから見える「生活者中心の」とは?

現在完了そして過去未来の第三話。
  


Posted by 昭和24歳  at 04:28Comments(0)

2019年12月07日

【高崎スタイル】ラジ高、指名停止しちゃっていいの?

【高崎スタイル】ラジ高、指名停止しちゃっていいの?

1989年11月の横浜アリーナから30年
JILL さんご拝顔、本田君もお元気そうで...

高崎官製談合 2社を指名停止処分へ 新部署トップに弁護士 /群馬
 高崎市の富岡賢治市長は5日の定例記者会見で、高崎芸術劇場の備品購入を巡る官製談合事件で、官製談合防止法違反容疑などで逮捕された阿久沢茂容疑者(68)が社長を務める阿久沢電機と、菅田明則容疑者(66)が社長だった(11月25日辞任)ラジオ高崎の2社を、指名停止処分とする手続きに入ると明らかにした。処…
毎日新聞2019年12月6日 地方版
https://mainichi.jp/articles/20191206/ddl/k10/040/076000c

>ラジオ高崎の2社を、指名停止処分とする手続きに入ると明らかにした。

阿久沢電機の指名停止は当然なんだが「ラジオ高崎」がなんでの不思議...

昨日も書いたんだが、そもそも「ラジオ高崎」が高崎市の指定業者になり得るのかだ。

それは「ラジオ高崎」が高崎市の発注に入札参加する事態が生じるのか、その答えには窮するしかないからだ。

高崎市と「ラジオ高崎」の関係は、コレ↓

平成9年3月予算特別委員会-03月10日-02号
◆委員(植原大二郎君) ラジオ高崎の関係と、もう1点、情報公開の関係で2点お伺いをしたいと思います。
 昨年、出資金の関係でたしか質問したことが記憶にあるわけですが、その後順調に準備が進んで、この4月から開局というふうなことで、市長もあちらこちらでお話をさせていただいておりますので、ちょっと中身についてこの際お伺いしたい、こういうふうに思っています。
 まず一つは、今回番組制作放送委託料ということで4,000万何がしの予算計上がされておりますけれども、このラジオ高崎全体としての年間予算はまずどのくらいなのかと。
 それから、その前に資本金といいますか出資金の関係で、ちょっと前回幾らかというのも言ったと思うのですけれども、ちょっと記憶にないので、全体的に民間で幾ら集めて高崎市がどのくらい出資しているかというのが二つ目です。

◎広報広聴課長(島津勝一君) お答えいたします。
 1番目の関係ですけれども、全体の運営費の予算はどのぐらいかという質問かと思うのですけれども、一応ラジオ高崎、会社の方では費用につきましては9,267万5,000円を見ているようです。
 2番目の出資の関係でございますけれども、全体で出資の額は1億1,000万円、そのうち市が5,000万円、民間が6,000万円でございます。


平成9年と、20年前の議事録だが、第三セクターとは言えその資本は官民、約半々、ということは高崎市(市民)が議決権を持つ大株主ということのなる。
で、現在は高崎の経済界お歴々が株主に名を連ねるがそこにはご案内の菅田明則容疑者が個人株主と列挙されている。もちろん阿久沢電機も...

しかも、ご案内のように指名停止処分する側の市、そこの副市長が取締役に就き市長が顧問という、つまり、諸運する側とされる側が図式的には同一という摩訶不思議がそこに見て取れる。

更には、「指名停止処分」にするということはこれまで「指名」してきたということになるのではないか。

で、その指名がから「指名停止」される案件は高崎市とラジオ高崎間においては「業務委託」しかないのではないのか。

業務委託を「指名停止」にしてしまったら番組制作放送委託料ということで4,000万何がしはどうなるのか?

まさか、ラジオ高崎の「事業内容」にあることを高崎市は「ラジオ高崎」代表取締役だった菅田容疑者の下に指名し、爬虫してたってぇこと?

つまり「高崎財団」主催の音楽、芸能、スポーツ、文化イベント等などの仕込みとかいろいろなお仕事...

だとしたら、「大相撲高崎場所」なんて仕込みにお金かかったろうね、なにせ興行の世界ですから、ご祝儀とかアレやコレヤに。

ま、NHKもだけど番組の中立性からも、市民目線の審議機関作ったほうがいいんじゃあない。

だって資本金5,000万円、番組制作予算4,000万円なにがしが高崎市民から広く薄く、これ、税金だし...

【高崎スタイル】ラジ高、指名停止しちゃっていいの?
  


Posted by 昭和24歳  at 11:15Comments(0)

2019年12月06日

現在完了そして過去未来の第二話。

現在完了そして過去未来の第二話。
2008年01月02日


可笑しいのは、大マスコミ、メディアはこの国の財政難を理由に・・・・・・

「IMFがやって来る」だとかの論調(笑)。

なぜ、韓国をはじめとする東南アジア発展途上国が受けた内政干渉、“通貨危機政策”を、
“ネバダリポート”なるものをこの世界第二の経済大国ニッポンが「言われなければ」ならないのか。
しかもだ、双子の赤字に苦しむという世界第一の経済、軍事大国の“国債”(債券)を数百兆円もさまざまな形で持つこのニッポンが・・・・・
どうして、「言われなければ」ならないのか。

少なくとも、その“IMF”(全て欧州人が代々の専務理事)――――――
そして、債権国日本がなぜ債務国である“米国”から「ネバダレポート」なるものを突きつけられなければならないのか。
以下がその詳細だが・・・・・・

日本の財政破綻を見越して、既にIMF(国際通貨基金)は、日本再建プログラム、

“ネバダ・レポート”を作成しています。

02年2月14日に開催された第154回国会の予算委員会で、民主党の五十嵐文彦議員(当時)が質問の中でネバダ・レポートについて触れている。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/154/0018/main.html

1 公務員の総数の30%カット、及び給料30%のカット、ボーナス全てカット
2 公務員の退職金は100%すべてカット
3 年金は一律30%カット
4 国債の利払いは、5~10年間停止
5 消費税を20%に引き上げ
6 所得税の課税最低限を年収100万円まで引き下げ
7 資産税を導入して不動産には公示価格の5%を課税、債権・社債については5~15%の課税、株式は取得金額の1%を課税。
8 預金は一律1,000万以上のペイオフを実施し、第2 段階として預金額を30%~40%財産税として没収する。

国連分担金はアメリカについで二番目に巨額負担他――――――

約390億円(国連分担金)、約454億円(PKO口座)に。
加えて、日本は国連と連携関係を持つ世界保健機関(WHO)やユネスコなど専門機関に対する拠出金として“約300億円”を負担。
これらを併せれば日本は、毎年“1,000億円以上”の巨額を資金を税金から国連システムに納めている。

ちなみに、米国はその国連の分担金を“滞納”したままだと言う。
そしてPKO等、“国際貢献”と称される“テロとの戦い”の軍事費はその国連を経由して連合国の軍需産業を潤している。
その実態は日本の“開発途上国ODA総額”は年間1兆円にも上り、
さらに“テロとの戦い”というイラクでの連合軍に日本政府は4年間で総額5,500億円もの大金を占領費として提供している。

かつての戦勝国がこぞってこの日本を食いものにしている。
なぜ奇跡の“経済発展”をしたこの国の国民が「幸せになる」ことができないのか。
たしかに、世界の中でたったの2%にも満たない恵まれた経済基盤のなかに生活できる日本国民だが、
それは、この国民、昭和時代の戦前、戦中派、僕らの父母世代の不断の努力の賜物ではなかったのか。

そのように、世界でもトップレベルの“国際貢献”を果たす日本が、日本国民が、
債務国、米国から“ネバダレポート”なるものを突きつけられなければいけないのか、全くもって意味がわからない。
その“ネバダレポート”の3を除く「#1~#4」までは直接国民には関係ない。
しかし「“#3”と“#5~#8」までは国民に直結する脅迫状のようなものではないか。

「年金の一律30%カット」や「消費税20%」、そして「所得税の課税最低限を年収100万円まで引き下げ」。
これは経済大国にあって、年収200万円にも満たない低所得者層国民への死の宣告にも等しい。
この“ネバダレポート”の実態は、外圧を利用しようと画策する高級官僚の“やらせ”ではないかとさえ疑う。

ホントウに“ネバダレポート”が必要なのは米国そのものではないのか。

戦後の若き官僚はたしかにその限られた予算の中、戦後復興に努めて邁進した。
しかし戦後の経済復興が成されるとそこに世代交代し始めた官僚たちは政治家を懐柔し、あらゆる徴税の方法で今日にいたっては“240兆円”ともいわれる“溜り”の流用を画策。
そして、氷山の一角であろうが社保庁に見られる“年金”という預かり金までを流用、横領、詐取する・・・・・・

ではいったいどのようにして“国家破産”するというのか。
この国の債権者は“IMF”加盟国なのか。

違うだろう。この国の債権者は紛れもない、主権者(それが事実ならの話だが)たる“日本国民”ではないか。
既に黄泉の民となった僕らの父母世代、そして僕ら、そして僕らの子や孫が債権者ではないのか。
たしかにその政策を“国会を通じ”付託した責任は逃れないだろう。とりあえずは“国民の代表”で立法府を構成しているのだから。
しかし、この国が民主主義社会であり、統制経済でない限りその国民は国民の意思で、
日本国政府が開発途上国への有償援助資金を債権放棄するように、国民も債務者たる政府にその債権を“放棄”する。

「800兆円の国債、紙くずにして暮れて結構です」と。

そのかわり、責任者には立法府、議会の手を経て責任を取っていただきます。

“美しい国づくり”は遭えなくも、というか、さもありならんと「頓挫」した。

それでは、“生活者中心”のそれはどうか、まさか「選挙の年」だから言い出したのではないということを明言して欲しい。
郷土の誉れ、内閣総理大臣、自民党総裁、福田康夫殿!!   


Posted by 昭和24歳  at 23:05Comments(0)

2019年12月06日

【官製談合】ラジ高と「阿久沢電機を指名停止って?

【官製談合】ラジ高と「阿久沢電機を指名停止って?


今朝の上毛新聞社会23面なんだが...

「官製談合で高崎市2社を指名停止」とあるが、その2社とも極めて市長に近い側近中の側近だったはずだ。

ま、ラジオ高崎社長の菅田容疑者は富岡市長「余人を持って代え難い」、言うなれば視聴の影武者的存在。
一方、阿久沢容疑者はと言えば、「富岡賢治後援会」の幹事長という腹心だ、その影武者と腹心の起こした市課長を巻き添えにした「官製談合」...
それを「2社指名停止」でよろしいのですか、ということです。

まあ、阿久沢電機は完全な民間だ、そして様子ではほとんど市発注の業務が富岡市長の言う「会社の業績は良かった」、それがここで断たれたら阿久沢容疑者は自業自得にしても社員はどうする、この年末に来て、そして指名停止期間中どう凌ぐか、コレまで富岡賢治後援会幹事長として尽くしてくれてきた阿久沢容疑者、阿久沢電機社員に、それでいいのかというのが下級市民の感想だ。

翻って「ラジオ高崎」の方が問題は深刻なはずじゃあないのか?
そもそも、なんでラジオ高崎が「指名停止」なのかがわからない。っていうことは市は、市の第三セクターとして発足、そしてそこにには市の出資金、議事録で見れば平成8年、たしか1,200万円とある。
そして今日も会社概要には株主のトップに「高崎市」とある、ま、払込資本1億2,000万円、(授権資本4億円)とあるがそのうち高崎市の株式はいかほどなのか?

さらに言えば、取締役には「兵藤公保」とあり、この人副市長だろ。そして顧問には「富岡賢治」市長でしょ。
それが、その株式会社「ラジオ高崎」がなんで指名停止業者になるのか?
それでは市、行政のどんな発注を受けていたのか?

ラジオ高崎のホームページ、「会社概要」を見ると様々な事業内容があるが「、そうしたものの企画、制作。運営等々を請け負ってたということなのか?

いずれにしてもだ、代表取締役である(あった)菅田容疑者が逮捕され、その取締役が、副市長。顧問が市長で、その市長が自分の関係する、しかも高崎市が株主となっている「ラジオ高崎」を指名停止にするということの不透明感は下級市民としては拭いいさることはできない。

で、当該の兵藤公保副市長は上毛新聞記事内でその指名停止処分は最短で3か月、最長で12ヶ月とかなんだが、副市長ご自身が取締役であるわけだからそこのところの自身の取締役としての不始末」はどのように市民に申し開きするのかだ。

ま、高崎市としてもラジオ高崎の新・代表取締役社長、小林 正明氏という新体制で新体制でスタートなんだが、その 小林 正明新・代表取締役社長は菅田明則代表取締役社長の逮捕を受けて、菅田容疑者の逮捕とラジオ高崎は別組織というような表現をしているが、今回の市の処分発表をう受けて小林 正明新・代表取締役社長のいう「別組織」には当たらなかったということだね。

ラジオ高崎、毎日聴いてるけど馬耳東風です。指名停止が発表された以上その期間放送を休止されたらいかがでしょうか?

それと、ラジオ高崎が「指名停止」となる理由「として、これまでどんな事業の発注を高崎市から受けてたのでしょうか。

事業内容
・放送法による超短波放送(コミュニティー放送)事業
・放送番組の制作並びに販売事業
・広告代理店事業
・出版、映像の製作並びに販売事業
・映画、音楽、美術、スポーツその他イベント事業の企画、制作、運営事業
・情報処理に関する研究、開発事業
・コンピュータ及びコンピュータネットワークによる通信・情報提供に関する業務
・まちづくり・都市開発・都市政策に関する企画・調査、コンサルティングに関する業務
・文化・商業・スポーツ・コンベンションなど都市施設の管理運営に関する業務
・前各号に付帯関連する業務

上記、これらの事業を請け負ってたとしたら相当の売上になるでしょうね...

そして、取締役、副市長と顧問の市長がしかも株主である市がラジオ高崎を指名停止処分にするという、可笑しな話なんだが、市議会議員は何してるんだろか、ま、阿久沢電機の指名停止は民間だから粛々と処分を執行するにしても、ラジオ高崎は「半官半民」だ、つまり税金が投入されてる第三セクターという事業体です。
少なくとも市議会は「ラジオ高崎」の決算報告、株主総会報告は受けるべきではないだろうか、市民の代表の立場として。

【官製談合】ラジ高と「阿久沢電機を指名停止って?  


Posted by 昭和24歳  at 10:37Comments(0)

2019年12月05日

【高崎スタイル】市議会、「官製談合」箝口令ですか?

【高崎スタイル】市議会、「官製談合」箝口令ですか?


中継はしてないんですね「高崎市議会」。
それが「高崎スタイルですか?

質問通告要旨↓
http://takasaki.gijiroku.com/voices/g07_Shitsumon.asp

箝口令ですか?

「高崎芸術劇場」を質したのは無所属の「三島久美子議員」と共産党の「伊藤敦博議員、そして市民クラブの「林恒徳議員今んところその三人だけ。

「新風会」は「逆風」でも恐れてるんだろうか「無風」です(笑)。

あれだけ全国に報じられた「官製談合事件」それも富岡市長の側近中の側近の逮捕劇だというのに...

ま、確かに起訴されてないし、裁判にもなってないわけだけど、議会の使命としてだ、そもそも市民の代表のはずの市議会議員が市長に忖度ですか。

市会議員としての矜持の欠片もない、だって、市民から「どうなってるんだ」質されたら「え~、あのぅ~」とでも言ってバックレるつもり?

ま、中身は小市民のなけなしの税金だ、それを入札で上級市民の互助会みたいに使ってるわけだ。

いいよ、必要のものなら、だからそれらがだ全国中核市における落札率、2018年度1年間の平均値がなんと99.1%を記録し、堂々の1位に輝いちゃってます。

それだけ市発注のお仕事が上級市民同士話し合いで山分けされてるわけです。

で、その「お話し合い」が表沙汰になった「疑い」でその当事者3人が逮捕されたっていうのに予算、決算を審議するはずの市議会がお口チャックじゃあシャレにならない(笑)。

それとも、3容疑者に吐かれたらマズイって、ま、警察も検察も本気ならこれを機に一気に時効分を除いてアレもコレも...

【高崎スタイル】市議会、「官製談合」箝口令ですか?
  


Posted by 昭和24歳  at 22:11Comments(0)

2019年12月05日

【高崎スタイル】お店はないけど〝お店ぐるぐるり~ん”

【高崎スタイル】お店はないけど〝お店ぐるぐるり~ん”


高崎駅周辺のにぎわい 街中へ 市が新年度 無料巡回タクシー運行
 市は民間事業者に運行委託する方針で、五月の運行開始を目指す。関連事業費四千万円弱を新年度予算案に計上した。

 高齢者ら「交通弱者」の移動手段のため、事前予約で希望の時間や場所で運行するデマンド型乗り合いタクシーは各地にあるが、今回のような取り組みは全国的に珍しいという。

 駅西口前は駅ビル「高崎モントレー」や「高崎高島屋」に加え、一昨年秋に「高崎オーパ」が開店して大型商業施設が集積。県内外から集客し、にぎわいが生まれている。だが、駅周辺から少し離れた市街地の既存商店街には波及効果が少なく、どのように誘導するかが課題になっていた。市商工振興課の担当者は「運行しながらルートの見直しなども考慮し、中心商店街の活性化につなげたい」と話した。
<抜粋引用:2019年2月13日 東京新聞>
https://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201902/CK2019021302000170.html

>関連事業費四千万円弱を...



まあねぇ、中央銀座通りですか。南銀座通りですか?

中央銀座に商店街あったでしょうか、南銀座通りに商店街あったでしょうか?

そういやあ、鳴り物入りの中央銀座通りにできる、ハズだった...↓

昭和ムードの屋台横丁に再建
高崎市が中央銀座アーケードの整備計画を発表

●失意を希望へ

 富岡市長はかねてから中央銀座通りに漂うレトロな雰囲気を愛し、「昭和のムードを生かしたまちづくりがこれからのトレンドの一つになる」と折に触れて語り、中心商店街活性化に生かす方策を考えていたようだ。高崎電気館の再生も、昭和の雰囲気を生かした高崎市のまちづくり施策として注目を集めるものとなった。

<抜粋引用:「商工たかさき」 2014/12号より>
http://www.takasakiweb.jp/toshisenryaku/article/2014/12/1802.html

で、今、駅周辺だけがキラキラしていてゲージツ劇場を舞台に大変なことになってるんだがこの「昭和ムードの屋台横丁」アーケード...

「レトロ・アベニュー」、どうなっちゃてるんでしょうか。ここ、昼間は一軒もお店ありません、夜は客引きのエスニック、キャバ。

ま、「お店ぐるりん」は夜は走ってない(笑)。

桜橋通りもラーメンの「成吉思汗」と「白銀屋」、「本店タカハシ」にラーメン屋さんくらい?

で、昼間はさやモールも「ツナシマ」と「クロネコヤマト」くらいと、スズラン駐車場入口と自転車置き場。

ま、「天華堂書店」と文具の「オーサキ」、ほかいくつか、そうだ「橋本青果」「ジャマーズ」はメインは夜間だし...

そんなわけで本町方面へ行っても、お店「清芳亭」と「鮨の「弥助」その先にお茶の「水村園」があるけどその手前を柳川通りなんだけどお店は一軒も開いてません。アレあれです(笑)。

【高崎スタイル】お店はないけど〝お店ぐるぐるり~ん”
  


Posted by 昭和24歳  at 14:32Comments(0)

2019年12月05日

【高崎スタイル】どこまで続く泥濘ぞ、ゼロ成長の20年...

【高崎スタイル】どこまで続く泥濘ぞ、ゼロ成長の20年...

↑これも高崎スタイル?

高崎市の入札結果一覧を見ても落札者は「毎度お馴染みの...」です(笑)。
ま、仕方ないですね、この20年間というものゼロ経済成長、いや、マイナスじゃァないのかなぁと。


つまり、民需っていうか個人消費が伸びないわけだから公共の消費に頼るしかない。

で、日本全国、地方自治体の中小零細企業、そんなわけでほとんど商店街が壊滅状態です。
そら、廃業するしかないですよね、文具、書店、雑貨・金物店等など、行政に買ってもらうしかない...

ま、植木屋さん、造園屋さんだって街路樹の選定とか道路清掃改修とか、零細の土建屋さんだって民需はほぼゼロ。
そらね、社員なり、アルバイトだろうがなんだろうが雇ったらそうは簡単に辞めてもらうわけにはいきません。
そら社長さん、それこそ「どこまで続く泥濘ぞ」のなか孤軍奮闘、っていうか、そら行政の発注する事業だけが頼りなんです。

で、↓コレです↓

市職員らあすにも贈収賄容疑で再逮捕 富山市官製談合
 富山市土木事務所の随意契約を巡る官製談合事件で、県警は6日にも、収賄容疑で同事務所建設課主査、椙本(すぎもと)好信被告(45)=同市大栗(大山)=を、贈賄容疑で大田建設(同市中番・大山)社長、大田清夫(すがお)被告(61)=同市中番=と妻で同社役員、由美子被告(61)=同=をそれぞれ再逮捕する方針を固めた。4日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、椙本被告は2018年5~12月に富山市発注の道路路肩修繕工事と河床修繕工事、公園の樹木伐採の計3件の随意契約で大田建設に受注の便宜を図り、その見返りとして大田清夫、由美子の両被告から現金を受け取っていたとされる。総額は数十万円とみられる。
<以下略>

<抜粋引用:12/5(木) 0:44配信 北日本新聞>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000006-kitanihon-l16

>道路路肩修繕工事と河床修繕工事、公園の樹木伐採の計3件の随意契約...

で、そのお仕事いただくために総額数十万円の贈賄ですって。

ま、随契だとかだから、一年間、その年度のお仕事はゲットできるわけです。涙ぐましいですね。

そかし、そいう行政の発注、お仕事にさえありつけない業者もいらっしゃるわけですから悲しいかなチクリもあるんでしょうか?

高崎スタイルもそうなんでしょうね、やっちゃあいけないことなんだけど、「やっちゃいました」みたいなもんで...

ま、その高崎スタイル、慣行っていうか慣例っていうか、長年、行政の中枢に取り入って事業安泰だと、市長も仰ってましたし。

まあ、「李下に冠を」といったところで、清廉潔白では商売できませんから、ま、今となっては「社長さんは辛いよ」です。

で、「高崎スタイル」の今回の事件だけどその社長さん、ゴッソリ抜いたらしいからサンズイの線かも?

そんなわけで前にも書いたけど、「入札結果一覧」で、

コネクター、ミキサー他、一式2,600,000円とか、パワーアンプ一 式、、9,900,000円とかって括っちゃったらホントの価格わからないじゃないの?

そもそもが、一式総額が9,900,000円ってやられたら「あっ、そうなの」で終わっちゃうんじゃないの...

そういうのをいちいち細かいようだけど予算審議するのが市議会議員の市民から付託されたお仕事じゃあないの。違う?

しかし、あれだね。オイラはポスターとかチケットとかは高崎市島野町に工場のある「プリントパック」にいつも頼んでるんだけど...

行政の発注はお馴染みの印刷屋さんなんですね。「プリントパック」入札に参加しないのかね、まっ、いっか(笑)。

印刷屋さんも大分なくなっちゃたしするから、ところで武藤さんちの大和川紙工ってまだやってる、元市議会議員だった武藤さんちの。

【高崎スタイル】どこまで続く泥濘ぞ、ゼロ成長の20年...

【高崎スタイル】どこまで続く泥濘ぞ、ゼロ成長の20年...
  


Posted by 昭和24歳  at 11:26Comments(0)

2019年12月04日

高崎スタイル「談合みんなで渡れば」怖くない(笑)

高崎スタイル「談合みんなで渡れば」怖くない(笑)


ま、高崎劇場の公演なんだが主催は財団ですか?
BUCK-TICK、ディズニー・オン・クラシック まほうの夜の音楽会 2019、HOTEI の24,25の2days...
ホール貸しなら別にいんだけど主催財団ならいくらで買って、いくら掛かったは公表してくださいね。
これまでの「高崎音楽祭」もそうだけど、アーティストからみてそうは安くないと思うけど、もちろん群響もだけどね。

そんなわけで、加山雄三と続くんだけど、加山雄三は8000円でハンプトンジャパンってあるからホール貸しかな?

ま、平成生まれは知りません、加山雄三も、BUCK-TICKだってHOTEI だって知りません(笑)。

うちの娘、平成6年生まれ、いつだったか代々木体育館のコンプレックス、布袋寅泰と吉川晃司のコンサート縁あって先輩と行って、布袋寅泰のサインもらってきたけど、飛び上がって喜ぶと思いきや...

「誰この人?」

だもの、ま、BUCK-TICK、だって知らない。もう25歳だけど「ビートルズ」に夢中でロンドン、リバプールまで行っちゃうし、ジョンレノンのラストデイ「ダコタハウス」にも。

まぁ、高崎スタイルはこんな感じです。

↓みんなお友達↓

平成30年度物品担当入札結果一
https://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014012001410/files/bunyuusatukekka2018.pdf

平成31年度物品担当入札結果一
https://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014012001410/files/bunyuusatukekka20191201.pdf

落札結果なんだけど、マイク一式とかPA一式とかメーカー名書いてませんね。

つまり、どこもメーカーのマイクロフォンで、品番、型番はです。

議会ではそこまで突っ込んでないんでしょうか、品番型番わかんなかったら小売価格、卸価格わからない。それに一式だったら数量がわからないから単価がわからない。

わからないまま、議会は採決、「賛成」で承認してるんでしょうか、これまでも...

ま、業者間でうまい具合に落札率98%、全国ワーストトップクラス。言っとくけどコレ、税金ですけど、わかってます。

市議会議員が市民の代表ってぇのも違うようですね、業者の代表です。

それにしても今回の官製談合、菅田、阿久沢、そして佐藤容疑者、この一件だけなんでしょうか。全部「高崎スタイル」なのに?  


Posted by 昭和24歳  at 11:47Comments(0)

2019年12月03日

ラジ高代表取締役のムニャムニャについて...

ラジ高代表取締役のムニャムニャについて...



急啓

皆様も新聞報道等でご案内のとおり、11月18日に弊社前代表取締役社長菅田明則は、高崎芸術劇場に関わる官製談合防止法違反及び公契約関係競売入札妨害容疑で逮捕されるに至りました。
菅田明則は当該館長として逮捕されましたが、他組織に於ける不祥事とはいえ、前取締役が当事者となったことにつきましては、弊社といたしましても重く責任を感じると同時に、リスナー・株主、及びお取引先企業・団体等、多くの皆様にご迷惑とご心配をおかけしていますことを、ここに深くお詫び申し上げます。
これを機会に弊社新体制の下、社員の法令順守を徹底し、弊社にても斯様な不祥事が発生せぬよう指導及び管理体制の強化に努める所存にて、今後とも従前どおりのご指導・ご支援をお願い申し上げる次第です。
敬具

2019年11月27日

株式会社ラジオ高崎

社長代行 小林正明

http://www.takasaki.fm/info/2019/1127/

>菅田明則は当該館長として逮捕されましたが、他組織に於ける不祥事とはいえ、

他組織ってなんだよ、財団の副理事長でラジ高の代表取締役だろ。
しかもだ、副市長も取締役になってる、加えて市長も顧問になってる、株式会社ラジオ高崎とはいえ高崎市の第三セクじゃなかったの。
つまり、ラジオ高崎の代表取締役も高崎芸術劇場の館長も高崎財団の副理事長も同一、兼務だろうが...

だから、芸術劇場のプログラムの仕込みも芸術劇場が完成前の話なんだからね。
高崎財団の副理事長としてやってたのか、そしてラジオ高崎の事業内容にもあるように「映画、音楽、美術、スポーツその他イベント事業の企画、制作、運営事業」それの一環としてやってたのか、一人三役。つまやり手、フィクサー言ったら政商です。

それが、「他組織」ってなんだっ?

それが代表取締役社長、逮捕から一週間も過ぎてから「取締役退任」がって、なに眠たいことを言ってるんだ。

ラジオ高崎って「メディア」だろ、高崎市の情報、高崎市民にその情報発信することが最大の役目じゃあないの...
本来なら「ラジオ高崎」真っ先に、市長の「高崎スタイル」で「市民の皆さん」と詫びを入れるのが大人のやることだろうが。

それが、毎日ラジたか聴いてるが、官製談合の「カの字」も菅田の「スの字」もない、高崎市の資本、つまり株主、市民の税金も入ってるのにまるで「他人事」の「市長が語る高崎スタイル」って、ま、録なんだろうけど逮捕、事件発覚後もそのまま放送してたし。

本来なら、高崎芸術劇場のツートップ、館長、副館長逮捕はそこの最高責任者の市長の責任は免れまい。そしてこの先どうなるかだが...

そして「ラジオ高崎」もだ。高崎市とのその関係性から鑑みて、やはり市長の監督責任、そして副市長の監督責任も問われなければならない。

それはそうと菅田容疑者、まだ株主ってなってるけどその公共性からいいって株主から外れてもらったほうがいいんじゃないの。

ラジオ高崎、設立時、平成8年高崎市の第三セクターとして市の出資、1200万円ほどでスタートしてるはずだけど...

ラジ高代表取締役のムニャムニャについて...
  


Posted by 昭和24歳  at 14:29Comments(0)

2019年12月02日

2020年高崎だるま市劇場は?

2020年高崎だるま市劇場は?

ダルマさん転んだ・・・


高崎だるま市2020
やったら、やったで...
やらなきゃやらないで言われますけど(^_^;)


一年の恵は高崎にあり

高崎だるま市

2020年1月1日(祝)・2日(木)

高崎駅西口駅前通り

高崎だるま市ホームページ
http://takasaki-darumaichi.com/

どうなんだろ、理事長と副理事長不在だし。

富岡市長、なんてアナウンスするんだろうか、開運が閉運になっちゃって...

まあ、ラジオ高崎も社長さんがアレなのにいつもどおりだしね。

で、320年もの歴史を持つ少林山達磨寺の少林山七草大祭だるま市と昨日今日の富岡市長主催のだるま市です。

ま、少林山達磨寺側にもいろいろあるらしいが、いずれにしろご本尊だ。天の声で決まっちゃったらしい「高崎だるま市」。

オイラがガキの頃から慣れ親しんだだるま市って言ったら少林山で、見世物小屋の「蛇女」、鶏の生き血を吸っちゃうっていう怖いやつ。

ま、テキ屋さん、露天商の皆さんも排除されちゃって、棲み分けのない世の中になっちゃって...

つまりああ言う暗がりで白熱電球の下で怪しげなもんを買ってっくのも社会勉強、子供にとっちゃあね。

それが真昼間の、高崎駅前の「だるま市」じゃあ、トーシローが露天商ごっこだから味もシャッカらけもない、風情がないわけです。

ま、高崎ゲージツ劇場でケチ付いちゃったから、厄払いしたほうがいいかもねだけど、どうしましょ? 

2020年高崎だるま市劇場は?
  


Posted by 昭和24歳  at 21:58Comments(0)

2019年12月02日

現在完了そして過去未来の第一話。

2008年01月02日
現在完了そして過去未来の第一話。

That's great !

“美しい国づくり”から“生活者中心”という過去完了...

あの漆黒の敗戦からの経済復興とはいったいなんだったのか。

そればかりではない、政策の誤りからの“大戦”でトタンの苦しみ強いられた僕らの父母世代・・・・・・
“大空襲”に“原爆”。そして徴兵で戦場に無辜の命を執拗に奪われたその時代の臣民という名前のない“国民”。

それほどに膨大な犠牲を強いて、さらに敗戦、戦後という命からがらの焼け跡の中に、
働きづめに働いて奇跡の“経済発展”を遂げる礎となった僕らの父母世代とは。

比較するなら今日の“GDP”にも等しい借金を戦勝国(世界銀行)からし、それを完済(1990年7月)した。
それは政治家でもなければ、官僚でもない、あれだけの戦争に疲弊した国民、僕らの父母世代の血と汗と涙なのだ。

それどころか、今日ではこの国は“米国債”をはじめとする各国発行の国債を引受け、
“政府開発援助”、発展途上国向け“政府開発銀行”等々でこれもほぼ“GDP”に匹敵する援助をこれまでに、
米国、発展途上国に、第三世界にしている。

それなのに今日の高齢者、弱者、そして国民に対する国家、政府の冷淡な政策はいったいなんなのだ。

“赤字国債”は『800兆円』とか喧伝する政府。

財政赤字だから、医療、教育関連費等々の社会保障費を削減し、その財政難を理由に国民大衆への消費税、所得増税。
そしてその裏を返すように企業法人税の軽減と、富裕層への所得税軽減等々。
物言えぬ“弱者”からは搾り取り、それを極少数の声大き“強者”へ移転配分する。

小泉元首相の言った“自己責任論”は弱者へ、そして安倍前首相の言った“美しい国論”は強者への手向けでしかなかった。

ところでこの国の“財政難”はどこに「起因し、発生」したのだろうか。
そしてその負債、“借金”といわれる赤字国債はどこに頼っているというのだろうか。

前述、“1990年7月”に完済したという世界銀行からの債務。
それは小泉首相のいうよに、国民一人一人の“自己責任”において、戦争という、その意味ではほとんど国民には“責任”のない国家政策、失政のために「一億総懺悔」などと言いい、それを見事、“国家”に代わり、連帯責任として世銀からの負債、米国からの基金の完済を成したというのに...
今日の政府の政策はなんともそんな国民をなえがしろにするが如き、それはいわれなき仕打ちではないか。
さらに将来に亘り解決不能なほどの“債権”を国民に押し付け今日の社会不安を醸す政府。

そして “福田康夫新首相”はそんな国民に向けて「自立と共生」を、福田内閣成立にいうが、
国民はとっくに“自立”し“共生”してきているではないか。
逆に、それを壊しているのが今の政府与党“自公政権”ではないのか。

国民は気づくべきである。

はたしてこの国は“民主主義”なのかを...

それは“民主主義国家”なのか“民主主義社会”なのかは極め疑わしい。「朝鮮民主主義人民共和国」があるように。
それが“民主主義社会”であるなら、法律は真の国民の手によって創られ、為政されるべきだ。

国、地方、併せての負債合計は『1,000兆円』とも言われている。
そしてその債権者は“国民”であり、債務者は“政府”だという疑うところのない事実。
その中で、なぜ、その債務者の言い分で、債権者が苦しめられなければならないのか。
「改革、改革」を言い、「痛みが伴う」と言う妄言に。

なぜ、債権者たる国民が「痛まなければならない」のか。「痛み、苦しむ」のは債務者である政府、国家ではないのか。
高齢者介護病棟からその高齢者を追い出し、自己責任で“家族介護”を強制。
その結果が核家族の中、高齢両親の介護放棄、そして介護放棄した中高年の子どもを殺人者、犯罪者として権力が逮捕しさらす。

時代は「昔は良かった」からはその社会構成も、人口構成も大きく様変わりしている。
これは国民一人一人の問題ではなく、これまで政府がとって来た政策の結果ではないのか。
家族、息子や娘が年老いた両親と暮らす、介護するといった社会環境ではない。
また、そうしたことが、そうしたことでこの国の“経済発展”があったのではなかったのか。
国民一人一人を幸福にするための経済政策、国家経営ではなかったのか。

政治は、21世紀、突然のようにこうした“少子高齢化”社会が出現したかのように戸惑いを装うが、
かつて、昭和前中期にはこの国の人口増加を懸念していたのではなかったか。

国民年金、医療保険制度。国民の将来と健康を保障するためといいながら今日のこの様は、
それを言いながらその国民の“将来と健康”を食潰してきた。
時にネコババし、またある時は流用し、「国民の幸福のために資する」公金を乱費乱用してきた。

集めるときは、給与から自動的に“流用”しておいて、
給付のときになると「申請主義」。

「言って来ないやつには払えません」

これの溜りが、厚生年金基金、4年分、「140兆円」の”怪”なのである・・・・・・・

福田首相、年頭の所感に「生活者中心の」を云々。

具体的な公約を求むところである。

2008年01月02日  


Posted by 昭和24歳  at 20:55Comments(0)

2019年12月01日

昔日の面影

2008年05月30日
昔日の面影



つい昨日のこと...

「帝国は、日米和協の道を探求すべく、最後まで条理を尽して米国の反省を求めたにも拘らず」

対米開戦の大本営、日本政府の弁。
まるで今日の“北朝鮮の論調”ですね...そう思いませんか(笑)。

そして、 「遂には帝国の存立をも危殆に陥らしむる結果となる」が如き重大なる事態に到達したのである」。

その“帝国”とはいったいどんな形をしていたのでしょうか。
大政奉還。他勢を借りての“明治維新”と、“日清日露”の成り行きに...

木と紙の家に住み、丁髷に刀といった出で立ちのこの国の文明。
長きの鎖国も西洋文明の前には糸も脆く陥落は武士の面子も大和魂も糸瓜もない。
そこに及んで、“天皇”の存在、江戸庶民の生活とはなんら関係の及ぶことのない存在で そこに揚げ奉られた輔弼の天子様。
御歳、14歳。 それが近代日本の幕開け、夜明け前。

大日本帝国憲法にしろ、天皇の存在は“権力者”を邪魔するものではない。

“輔弼”あくまでも“輔弼”

「決死報国の大義に殉じ、もって宸襟を安んじ奉るとともに」

下手な講談師もそこまで言うかどうか(笑)。

ましてや、 「宣戦とともに、早くも刻々として捷報を聞く。まことに快心の極みである。
御稜威のもと、尽忠報国の鉄の信念をもって戦うとき、天佑は常に皇国を守るのである」。

しかし、守れなかった...

ことここに“皇国”を言われても半世紀も満たない歴史。
さぞや、徳川歴代将軍、いや、太閤秀吉、織田信長等々、 草葉で臍を噛むことしきりだろうに。

官僚云々、内務省による占領軍向け専用の管理買収施設を法制化。

時に官僚、 正力、後藤田、中曽根等々内務官僚はその時代、20代後半から30代若輩か。

皆さんならどうです?

占領軍が連日戦犯の名でパクリに来る。内務省解体前夜の若きキャリア官僚、よもや、今日の時代は想像しまい。

命在ってのものだね、嘘も方便、御身大切、さっさと官僚から足を抜き風見鶏よろしく占領軍に情報を提供、恭順の限りで今日の地位を得た。

それは、いつの世も変わらない。賢いヤツはどこまでも賢い。生き馬の目なんて平気で抜く。

仰る、 そのように取れるが、その“皇国”とやらの実態は砂上の楼閣。

「国民はあらゆる艱難辛苦に堪えてこの“天の試煉”を突破し、ここに揺ぐところなき東亜恒久の礎石を打ち樹てねばならぬのである」。

まさに“言うは易し行うは難し”その“皇国”の夢物語に続きはなかった。

「責任はメディアにもある」。

日米開戦、反省の反省、言い訳である(笑)。
責任はメディアなんぞにはない。一切の責任は国民にある...

それでなければ“民主主義”はない。

今日に至るも、“それ”を正しいと思いたがる風潮。

敗戦、占領、そのことが国民の意思なくして覆水盆に還ることはない。

誰のせいでもない。一人一人の国民がなにを、どう思うかにかかっている。

“SSS政策”

世界水泳、世界陸上にワールドカップ。

唯一世界に開かれたスポーツ“大相撲”。

把瑠都の金髪の大銀杏、そしてブルガリア、琴欧州の初優勝。なかなか捨てたモンじゃあない。

これが、“腐っても鯛”で、 和らぎの奥深さだろうか。

あの間が、あの“仕切りなおし”がこの国にも欲しいところだ。

昔日の面影

  


Posted by 昭和24歳  at 21:18Comments(0)

2019年12月01日

中曽根康弘大勲位の功罪?

失業保険泥棒



独立行政法人「雇用能力開発機構」が廃止だとさ“廃止”じゃあねえだろう大ウソつきが!!(笑)。



マスゾエネズミ男も甘利子泣き爺も官僚のパシリで、いかにも今回の大企業派遣切りを言い訳するかのように...
安倍内閣の時にもさんざ言われていた、独立行政法人「雇用能力開発機構」が廃止を今さら(笑)。

バカバカしい、なにが廃止だ“廃止”じゃあねえだろう!!

同じ厚労省所管の独法「高齢・障害者雇用支援機構」に統合させる。つまり同じ長屋の中を引越しするだけ、独法「高齢・障害者雇用支援機構」に統合させるてえことは、早い話が。

つまり独法「高齢・障害者雇用支援・能力開発機構」になるって言うだけのことじゃあないか!!

フザケルナだ。サラリーマンが天引きされる“雇用保険”、つまり“失業保険”から毎年「2,301億円」もクスネ、代々の厚生官僚が泥坊しつづけた...
国民、サラリーマンに断りなしに、当たり前のように法律を勝手に作って。

“失業保険”(雇用保険)、445億円を盗んで官僚の天下り施設として作った『スパウザ小田原』。
毎年、2億円の赤字を垂れ流し、失業保険から平成10年開業以来売却の平成16年までのたったの6年間で、累計“9億円”をドブに捨てた。

つまり、“官僚”という名の“大盗賊”は特殊法人「雇用・能力開発機構」という打出の小槌を編出し、雇用険料、いや、サラリーマンから天引きする“失業保険”から約4498億円もの巨費をぶち込んで建設した全国“2070”カ所の保養施設などを「1050円、1万500円といった二束三文で次々に売却」という蛮行。

一方、国民労働者は派遣切りで、この年末から、寒空に放り出される国民が数万人にもなろうとしている今日。
それだけではない、ここ高崎でも井上工業の倒産で関連下請け企業では失業する社員が数100人これまで、“失業保険”を天引きされつづけてきたサラリーマンには、いざその時には「半年間」だけだとか、四の五の言って当然の権利である“給付”を渋る「職業安定所」。

元厚生次官が“暗殺”された...

もう皆さんはお忘れだろうか?

“労働行政”を取り仕切っていた『労働省』っていうのがその昔あったことを。

いわゆる、“リクルート疑獄事件”!!



<東京地検に連行される江副リクルート会長>

今では涼しい顔をしている、求人情報誌の走りの“リクルート”だが、そのリクルートをめぐって、中曽根康弘、竹下登、宮沢喜一、森喜朗、渡辺美智男(渡辺善美の父親)、安倍晋太郎(安倍晋三の父親)、小沢一郎と当時の歴代首相、閣僚が、そして自民党の名だたる疑惑の代議士20数名が“未公開株”という賄賂を貰い、労働行政を無茶苦茶にした昭和63年の政官財を巻き込んだ一大疑獄事件に発展。

結果、竹下内閣崩壊で、ナンチャッテ宇野宗佑内閣(中曽根康弘の子分)だったが、こいつもスキャンダル(小指)で2カ月と1週間でお釈迦(笑)。

まあ、その意味では政治スキャンダル、疑獄事件のオンパレードだった昭和末期から平成初頭...
ま、今はと言えば、「元気がない」と言えばそれまでなんだけど、その分「官僚の悪さ」が際立つ(笑)。

当時の加藤孝労働次官、高石邦男文部事務次官をはじめとする高級官僚数名の逮捕、起訴。
そして政治家の中では中曽根内閣の官房長官だった藤波孝生が懲役3年、執行猶予4年という有罪判決。

つまりそんなわけで、大蔵省の“ノーパンしゃぶしゃぶスキャンダル”とか、労働省、文部省の“リクルートスキャンダル”、
厚生省の“医療施設スキャンダル”郵政省の“NTTスキャンダル”、運輸省の“道路公団スキャンダル”、出るわ出るわ!!!

そんなわけで、今のように各省庁、看板を付け替えた(笑)。

まあ、とにかくズルイやつらなんだ、政治家も官僚も、財界とかいう連中も。

そして今日の独立行政法人「雇用能力開発機構」が廃止だとさ!?

なんだが、はっきりって、盗賊国家!!

次官級、局長級、課長級、天下り、国民から天引きした税金で退官後の20年ほどで3億も4億も盗み、この期に及んで...

独立行政法人の統廃合って、いったいなんなんだ!?
廃止でいいじゃあないか、廃止で!!


なにせ、そんな独立行政法人に総額“12兆8千億円”の税金が盗まれている。

12月10日、公務員ボーナス平均が60万円、70万円は民間の倍だ。
特別公務員の年末、国会議員には平均が“330万円”だとさ(笑)。

県議会議員の平均が300万円前後。
市議会議員でも全国平均が100万円前後、なんで市議会議員、町村議会議員に?

全国の公務員ボーナス総支給額“2兆7千億円”


">高崎市議会46人、平均通りとすれば4600万円が。夏冬では市長の分を合わせるとなんと“1兆円”が税金から毎年...
これでは、市民国民には・・・・・“カネ”回りませんわなぁ(笑)。

上記の記事は「2008/12/11」、11年前。当時の高崎市議会46人で、平均通りとすれば4600万円が、ですが現在は38人、2017年データで、期末手当150万4800円 半年分だから新人さんも頂けるんでしょうか(笑)。
  


Posted by 昭和24歳  at 09:56Comments(0)

2019年11月30日

市長の高崎スタイルは市民を無視です。

市長の高崎スタイルは市民を無視です。


昨日29日(金)市議会が開かれたらしいが、6人の議員が一般質問して今回の談合事件に触れたのは伊藤敦博議員(共産党)と三島久美子議員(無所属)他の議員はだんまりですか(笑)。

挙句市長は答弁で「捜査が進み、問題点が明らかになれば速やかに直す」ってまるで他人事です。

で、3容疑者、10日間の拘留延長とか。ま、起訴か不起訴かはまた10日後なんだけど寒いだろうねぇ、高崎拘置所なんだろうか...

これまでの話の筋からすると佐藤育男容疑者は踊り踊らされただけみたいだね。

だって、ムービングライトの仕入れ値段、菅田容疑者最初から知ってて「これが欲しい」って言うんだから。

で、まぁ、ネットで見たり、実際の芸術劇場スタジオシアターの仕様書見るとどこの電気屋だって仕入れることができる類の代物で、第一、阿久沢電機がこれまでに舞台照明工事やったっていう実績あったんだろか。

他にも、まあ、大量の照明機材の納品があったわけです、スタジオシアターの仕様書を見ると。

つまり、そうした様々な照明機材納入、設置した氏名入札業者って、そこんところどうなんだろ、はなから業者間で談合していて...

っていうか、大劇場の証明関係もっとすごいんじゃあないの。とてもじゃあないが田舎工事業者の手に負える設備じゃあない、だから「備品」(笑)。

ま、阿久沢電機の仕様設計図とか見れば一目瞭然じゃないの、当然、警察は取ってるんだろうけど。

だから、官製談合って、阿久沢電機に6,000万円位の仕事割り振るための芝居だったんじゃないのかなぁ。

最初から仕入れ金額ありきで、2,000万円くらい抜けるような落札予定価格を作るための。だってトータル260億円の仕事なんだから。

その点から行けば他にもっとでっかい談合があったっておかしくない、なんたって高崎市は落札率ワースト3とかだし(笑)。

普通に考えてそうだろ、、高崎アリーナだって、宇津木スタジアムだって、そして清水善造記念テニスコートだって電気工事いっぱいあるでしょう。

「オタクはあそこ、あんたの会社はあそこ」みたいな話で、つまりフィクサーがいるわけでしょ、だから「あのお方を通さないと仕事にならない」。

そう言ってた古参の市議会議員が上毛新聞に...

そんなわけで、パシリに使われた佐藤育男容疑者元副館長は「不起訴」ですな、で、軽微な懲戒処分でいいんじゃないの、富岡市長?

事務局、29日(金)の録画、どうやったら見れますか、高崎スタイルの。

市長の高崎スタイルは市民を無視です。
  


Posted by 昭和24歳  at 20:52Comments(2)

2019年11月30日

官製談合事件富岡市長が議会で陳謝

官製談合事件富岡市長が議会で陳謝

昨日、29日の議会録画配信は?

官製談合事件 市長が議会で陳謝
「高崎芸術劇場」の照明の購入をめぐり、高崎市の課長らが逮捕された官製談合事件について、高崎市の富岡市長は29日開かれた市議会で、「市民の市政への信頼を失わせたことを心からおわびします」と陳謝しました。

高崎市が発注した「高崎芸術劇場」の照明の購入をめぐり、高崎市の50歳の課長は、当時の館長を通じて業者の社長に入札の予定価格に関する情報を漏らしたなどとして官製談合防止法違反などの疑いで逮捕されました。
29日開かれた市議会で、富岡賢治市長は「市民の市政への信頼を失わせたことを心からおわびします。問題点が明らかになりしだい、直すべきは直し、よりよい高崎に向けて力を尽くしたい」と陳謝しました。
このあとの一般質問で、共産党の議員がほかの入札での落札率の実態について質問したのに対し、市の担当者は、この5年間で、高崎駅周辺の18件の入札での落札率の平均は97パーセントを超えることを明らかにしました。
また、無所属の議員が再発防止策についてただしたのに対し、市の担当者は「入札のシステムに問題はないと思っているが、警察の捜査で問題があることがわかったら、速やかに改善したい」と述べました。

<引用:11月29日18時15分 群馬NHK NEWS WEB>
https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20191129/1060005948.html

>富岡賢治市長は「市民の市政への信頼を失わせたことを心からおわびします。

最高責任者としての自覚が欠如してる発言だな。そこに市長の「私」が見えない。
そこに「私」があれば元館長、元副館長の任命権者としての自覚が有るなら「失わせた」ではなく...

「失わさせた」

ではないか。とくに元館長の菅田容疑者は自ら「余人を持って代え難い」と表する、側近中の側近、いわば「菅田の声は市長の声」つまり分身、影武者、つまりこの一連の事件は最高責任者である市長の存在にあったと言えるのではないか。


>問題点が明らかになりしだい、

問題点は既に明らかになっている、議場を見渡せば自浄作用のないその様は想像に難くない。

>直すべきは直し、よりよい高崎に向けて力を尽くしたい」と陳謝

「直すべきは直し」はあなたの一期目の市政の時に始まっていたのではないですか。あなたはそのことに気づかず、耳を貸さず、傾けずが今日のこの結果生んだのではないでしょうか。

つまり、よりよい高崎」にするのは最早、あなたの仕事ではないのではないですか。

>市の担当者は「入札のシステムに問題はないと思っているが、警察の捜査で問題があることがわかったら、速やかに改善したい」と

「警察の捜査で問題があることがわかったら、速やかに改善」って、つまり逮捕者が出たらっていうこと、どんな神経してるのこの入札担当者?

前橋地検は菅田、佐藤、そして阿久沢容疑者の拘留延長請求、前橋地裁はそれを認めたとの今朝の新聞報道です。

拘置所には暖房はあるのでしょうか、おそらく拘留は高崎市役所を望む高崎拘置支所ではないかと...
「お~い」と呼べば声の届く距離ですね。市長室からも高崎拘置所の運動場見えませんか?
それを考えれば尚更、「よりよい高崎」にするのは最早、あなたの仕事ではないのではないですか。
  


Posted by 昭和24歳  at 10:13Comments(0)

< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ